« 「一般受け」って? | トップページ | やどやゲストハウス本館@中野オープン、のち東陽片岡@ゴールデン街マチュカバー。 »

2010/11/10

古い電話帳から、大衆食堂のむかしを探る。

Denwacyo_tokiwa_2

いやあ、『大衆食堂の研究』を書いたころは、インターネットなんぞという便利なものはなく、いろいろ調べるのにずいぶん苦労したのに、こんな資料を集めたことも、すっかり忘れていた。

これ、いま忙しいので正確なデータはあとで調べるが、まだ「外食券食堂」や「東京都食堂協会」とあるから、たぶん1950年ごろの電話帳のコピーだろう。コピーといっても、ニコマートELで撮影し、紙焼きしたものだ。まだほかにもオモシロイのがあるから、そのうちスキャンして掲載しよう。

常盤食堂は、『大衆食堂の研究』に書いた笹塚の常盤食堂で、ここに名前が載っている内山さんは先代だ。

ま、とにかく、インターネットなんぞという便利なものができ、裏づけをキチンと調べていくような誠実で愚直な仕事は、おれもそうだが、あわただしさもあって失われがちだから、気をつけないといけないね。

なにしろ、チョロチョロ歩きまわって、チョロチョロ聞きかじったていどで、チョロチョロテキトウなことを書いたり言ったっりしていれば、というより、むしろテキトウにやっつけたり、なにやら権威ありそうなハッタリをかましていれば、通りがよいという状況もあるし。政治と食の分野なんか、その代表的な存在。

こういう写真を掲載すると、さっそく昔の電話帳広告をネタに何かして売り出そう、ということを考えそうなやつの顔が浮かぶのも、セコイいやらしい世の中になった。が、おれは、そういうセコイやつらをバカにするけど、けっこう好きだよ。

セコイやつがたくさんいないと、おれのように誠実で愚直な仕事をする人間の価値が上がらないものね。まだ、みんな、いい人間すぎる。なーんてね。いや、それはともかく、フマジメは大事だよ、正義だのなんだのより、よっぽどよい。正義には愛がないが、フマジメには愛がある。マジメな正義より、フマジメな愛を。

きょうはこれから、そんな、おれにとってはビッグなことが2つもあるのだ。パソコンのまえに座ってなんかいられないぜ。

でも、つぎの本の構成の難しいところは、突破した感じ。といっても、またつぎの難関があらわれるかもしれないが。

Denwacyo_gaisyokuken_2

Denwacyo_tamachi_2

|

« 「一般受け」って? | トップページ | やどやゲストハウス本館@中野オープン、のち東陽片岡@ゴールデン街マチュカバー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い電話帳から、大衆食堂のむかしを探る。:

« 「一般受け」って? | トップページ | やどやゲストハウス本館@中野オープン、のち東陽片岡@ゴールデン街マチュカバー。 »