« もっと大衆食堂へ。 | トップページ | 一日のけじめ。 »

2011/01/27

食堂本打ち合わせのち酒つまトリオと浅草橋西口やきとん、泥酔帰宅。

きのうは、15時半から蔵前にある出版社で、編集さんと食堂本の打ち合わせ。いまどき本を出してもらえるだけでも有り難いのに、3年間ほったらかし寝かせてしまった企画。おかげで、というとおかしいが、なかなかよい構成が固まった。やはり少し寝かせたほうが、よいものができる。ナンチャッテいいながら、4時半ごろおわる。

こんどは、このまま一気に仕上げよう。という決意を固めるため、ということじゃないが、ここまで来たらやはり寄って飲みに誘いたい、浅草橋にある酒とつまみ社へ。

4階まで階段を歩いて登らなくてはならない難関を、息をゼーゼーいわせたどりついてみると、なんと珍しいことにシャチョーのなべちゃん、創刊編集長の大竹さん、フィリピーナ研究写真家のさいカメさんのトリオが、揃っているではないか。ほんと、こんなことは珍しい。

なにやら、ちょうど制作進行中の「酒とつまみ」14号の撮影かなにかのあとだそうで、みなさんいたのだ。14号は、もしかすると4月ぐらいには出そうな勢いらしい。でもまあ、これからがわからないのだけどね。いやいや、がんばって年2回ペースにしてほしい。来週は、おれが永世ゲストの南陀楼綾繁さんの古本屋発居酒屋行きの取材がある。みんな、酒飲んでいないで、早く原稿書けよ~。

すでに机の上には、口のあいたマッコリがあり、さらに清酒の4合びんを一本あけ、勢いをつけ西口やきとんへ。この顔ぶれで揃って飲むのは、何年ぶりだろう。大竹さんは行くところがあって退出したあとも、だいぶ飲んだ。泥酔論もしくは居酒屋エンテツのおもしろいアイデアも出て、ようするに泥酔帰宅。

西口やきとんは、あいかわらずにぎわっていたが、日曜日も営業するようになったらしい。それにしても、浅草橋駅と蔵前のあいだに並んでいるおもちゃ問屋は、おもしろい。夜の神田川も、いい情緒だねえ。

|

« もっと大衆食堂へ。 | トップページ | 一日のけじめ。 »

コメント

ぐふふふふ。さいカメさん、つねられて、目を覚ましたほうがよいんじゃないの。ピーナは、こわいんだよ。

投稿: エンテツ | 2011/01/28 08:24

セオさんがピーナ役!…そうか、タイトな割烹着でホッペタつねられたら気持ちいいかもしれん…。

投稿: さいカメ | 2011/01/28 03:07

なべさん、どーも、こちらこそありがとうございました。とつぜん押しかけたのに、みなさん揃っていて、ついていました。

楽しくて、飲み過ぎ。居酒屋エンテツの話のあたりは覚えているのだけど、西口やきとんを出るころは記憶なし。どこでどう別れたのかも、わからない。

しかし、考えてみたら、あのコスプレをスロコメでやったら、外から丸見えなんだけど。セオさんにフィリピーナ役をやってもらうってのは、どうかな。

投稿: エンテツ | 2011/01/28 00:16

昨日はどうもありがとうございました。
久々にご一緒できて、楽しかったです。
居酒屋エンテツも楽しみにしてまーす!

投稿: 酒とつまみナベ | 2011/01/27 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食堂本打ち合わせのち酒つまトリオと浅草橋西口やきとん、泥酔帰宅。:

« もっと大衆食堂へ。 | トップページ | 一日のけじめ。 »