« 素晴らしい料理の世界。太田尻出版、『レシピとそのレシピ』。 | トップページ | 地震、『死が二人を別つまで』を読んだ。 »

2011/03/11

これが木村衣有子『あのとき食べた、海老の尻尾』だ。と、発刊記念トーク×エンテツ。

Kimura_gohan_cov

さきほど、木村さんの新刊『あのとき食べた、海老の尻尾』(大和出版、1300円+税)が届いた。先日、告知したように、3月20日にちようび、この発刊を祝して、不肖にして不詳のエンテツが木村さんのトークライブの相手をつとめさせていただく。書店に並ぶのは、もう少し先だけど、送っていただいた。これから読むのだから、とりあえず画像のみ掲載。

Kimura_gohan_pho

写真も木村さん。サブタイトルに「ごはんがおいしくなる話」。腰巻に、「あの人が好きだったもの、私が好きだったもの。」とある。むむむ、木村さんの文章には、男がからんでいることが多い。もしかすると、これで木村さんの男遍歴もわかるかもしれないぞ・・・。冗談は、さておき、そのトークライブは、もはや有名なイベントになった、わめぞの雑司が谷「鬼子母神通りみちくさ市」関連イベントとして開催される。

『あのとき食べた、海老の尻尾』刊行記念
ワメトーク vol.8 木村衣有子×遠藤哲夫トークショー
「衣有子とエンテツ 愛しのごはん」
参加費1000円。申し込みは、こちらです。よろしく~。
http://kmstreet.exblog.jp/15626839/

ああ、5月締切りの本の原稿は無事に仕上がるのか。エンテツは来月もトークライブがあります。4月24日にちようび。東京カルチャカルチャー@お台場で、古墳トークの2回目、「古墳めぐりの旅 〜はにわの魅力をたっぷり味わおう!〜」。前回同様、テリー植田さんの司会で、スソアキコさん、まりこふんさん、おれという顔ぶれ。先日の読売新聞の紙面を飾った古墳熱、はて、どうなりますか。こちらも受付が始まっています。こちら・・・クリック地獄

大いに春春がんばろばろ。

| |

« 素晴らしい料理の世界。太田尻出版、『レシピとそのレシピ』。 | トップページ | 地震、『死が二人を別つまで』を読んだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これが木村衣有子『あのとき食べた、海老の尻尾』だ。と、発刊記念トーク×エンテツ。:

« 素晴らしい料理の世界。太田尻出版、『レシピとそのレシピ』。 | トップページ | 地震、『死が二人を別つまで』を読んだ。 »