« 都区内優遇の泥縄式東京電力の無責任さに、怒。 | トップページ | 大本営ニュースと震災報道競争一色のなかで。 »

2011/03/15

みちくさ市と木村衣有子さんとのトークは中止です。

告知していた、20日にちようび、わめぞの雑司が谷「鬼子母神通りみちくさ市」関連イベント、『あのとき食べた、海老の尻尾』刊行記念 ワメトーク vol.8 木村衣有子×遠藤哲夫トークショーは、中止となりました。

みちくさ市が公道を利用する市であり、トークの会場となる廃校の小学校舎も被災者や帰宅困難者の避難場所になっている関係で、いまのように余震が続く状況では、中止やむをえないとの判断です。

おれも、「ムード自粛」は賛成しかねるけど、これはやむをえない理由と思います。

楽しみにしていたかた、木村さんもおれも楽しみにしていたのだけど、残念です。またの機会に。

こんなときだから、木村さんの新刊『あのとき食べた、海老の尻尾』を読もう。なにやら、おれらしい男も登場する。今日から2、3日中に書店に並ぶようです。

当地は泥縄停電の第3グループということがわかり、今朝6時20分~9時45分ごろまで停電した。明日は、18時20分から22時、つまり夜ですね。こうして、しだいに、傲慢な都心を代表する東電に従順な民として、計画的に飼い馴らされていくのだろうか。

3時間の停電など、被災地のみなさんと比べたら、たいしたことではないという人がいるけど、それとこれはちがうのですよ。そういうことをいう人は、全国みんなが被災したほうがよいと思っているのだろうか。なにごとも、より悪い方を基準に考えているようでは、事態は改善されない。

| |

« 都区内優遇の泥縄式東京電力の無責任さに、怒。 | トップページ | 大本営ニュースと震災報道競争一色のなかで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちくさ市と木村衣有子さんとのトークは中止です。:

« 都区内優遇の泥縄式東京電力の無責任さに、怒。 | トップページ | 大本営ニュースと震災報道競争一色のなかで。 »