« 即物的空間の魅力。 | トップページ | あいおい古本まつり@相生の里へ行ったの記。 »

2011/03/27

平常の景色の大衆酒場は「復旧」の原点だね。大宮いづみやで泥酔。

Izumiya01

更新が滞っているが、おとといきのう酒浸りの飲み疲れ。なんとなく疲れがたまっている感じのうえ、きのうは「あいおい古本まつり」で、ひさしぶりに東京さ行って飲んだりしたせいもあるのか。

おとといは、急遽、大宮いづみやで野暮連のタノさんシノさんと飲むことになり、前のエントリーを書きかけたまま中断、出かけた。

午後3時半、大宮いづみや本店で待ち合わせたのだが、行ってみると、なんと大賑わい。平日だというのに。ネクタイ姿のリーマンおやじが、数人でにぎやかに、あるいは1人で黙々と、飲んでいる。みな、草臥れた様子はなく、顔はテカテカ元気がよい。テレビでは、甲子園。

うん、これだよね、と思った。災害のニュースばかり見ていても、これからの回答は、出てこない。なぜか、やはり、こういうところで、どっかり腰を落ち着けているおやじたちは、なかなか頼りになりそうなのであった。

シノさんが、女と、なにかの展覧会を見にいくとかで、去ったあと、タノさんとおれは、ネオンまたたく大宮歓楽街をふらついて、またもや、いづみやの第二支店にもどり、もうとにかく飲んだのでした。

帰り、東大宮に着いて、スーパーに寄って買い物をしたらしい。まったく覚えがなく、翌日冷蔵庫を開けたら、そのような泥酔の中でも、食料をシッカリ買っていて、しかも野菜不足を補うつもりか冷凍インゲンを買いながら、冷凍庫に入れず冷蔵だったので、すっかり解凍されていた。が、また冷凍庫に入れてやった。

復興は、この灯りから。この灯りにもどればよい。

Izumiya02

|

« 即物的空間の魅力。 | トップページ | あいおい古本まつり@相生の里へ行ったの記。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平常の景色の大衆酒場は「復旧」の原点だね。大宮いづみやで泥酔。:

« 即物的空間の魅力。 | トップページ | あいおい古本まつり@相生の里へ行ったの記。 »