« みちくさ市と木村衣有子さんとのトークは中止です。 | トップページ | 夜の停電タイムの過ごし方。 »

2011/03/16

大本営ニュースと震災報道競争一色のなかで。

こんな中でも、やらなくてはならないことがあり、請求書を出すのはうれしく、急いで出したり、校正も、これがあがれば振込があるからと、イソイソやったり。

しかし、ウチはテレビがないから、ときどきustのNHKを見るだけだが、いつのぞいても、おなじような画像とおなじレベルの内容の大本営発表と、そのセンのNHK報道の繰り返し。こんなん見つづけていたら、ほんと、おかしなぐあいに洗脳されちゃうよ。もうたいがい洗脳されているというか、自分自身の発する情報を根拠にしながら自分自身が実態から離れおかしくなっていく、あの構造。映像があると、とくに陥りやすい。

テレビのそばから離れ、ご近所の地元の人たちとあえる酒場にでも行って、一杯やることをオススメします。もちろん、テレビのない酒場へ。

そんなとき、きょうは、いくつか、いいメールをいただいた。

最初のこれは、きのうのエントリーをご覧になってのことだね。某紙の現場の記者の方です(このメールにある日経ではありません)。現場の記者も疑問に思う、いまの報道。こういう感覚が普通だと思うけど、なかなか思ったことを口に出せなくなるコワサのなかに、もうおれたちはいる。もっと、ご近所の地元の人たちとあえる酒場にでも行って、一杯やりながら、大いに笑おう。昨夜は、ちゃぶだいへ行って、うまい酒を飲んで笑った。

> 震災報道をみなが競うことがどれほどの意味があるのか。
> 昨夜、神保町で飲んだのですが、どこも早々と店じまい。電車も閑散。
> 目の前に座った人が、日経朝刊を読んでいました。日経は看板の文化面を死守
> していました。
> 震災報道一色に塗りつぶされた中で、日経文化面は輝いていました。
>
> なにごとも、より悪い方を基準に考えているようでは、事態は改善されない、
> と小生も思います。
> 自粛ムードが広がるのか、果たしてどうなるのかは分かりませんが、どんな極
> 限にあっても、人は笑うことを忘れないと思っています。

日経が文化面を死守しているって、ちょいと皮肉な現象に思え、笑えた。

もう一つのこのメールは、さあだから、生きる態度が問われているのだ、「気取るな、力強くめしを食え!」だという。これは地震があろうが放射能が降ろうが、本を書けという「激」ですね。はいはい、やりますとも。

>こんなときです。力強く生きて行く本がほしいのです。これから東北近県、復興までの長い道のりに加え、生産物につ
>いての風評被害も広がるでしょう。
> 原発の状況も、先が見えない。
> どうしていいかわかんないですよね。
> 時々刻々情報は変わるし、右往左往するばかりですから、こっちができることは、生きる態度として、まさに「気取るな、力強く飯を食え!」しかないと思うのですよ。
> ベストの環境で生きて行くことなんざ、できない。これからはよけいに、できない。
> だから、あとは、生きる態度の問題が問われて来るんだろうと思います。

雑誌によっては、いまのこのご時世に合わないと、グルメ記事を差し替えたり、発行を停止したりのドタバタをやっているようだ。おれのように「正しい」ライターを締め出していると、そういうことになる。おれがきょう校正を終えた雑誌なんぞは、そんなドタバタは不要。おれは「「グルメ」の憂鬱」というタイトルで、金があるからやれる程度のバカバカしいグルメとくに男のグルメなオシャベリを笑っているのだから。

「気取るな、力強くめしを食え!」は、どんな時代、どんなときでも、庶民の生きて食べる態度の基本なのだ。

| |

« みちくさ市と木村衣有子さんとのトークは中止です。 | トップページ | 夜の停電タイムの過ごし方。 »

コメント

どーも、まいど、ありがとうございます。
あまり報道がないですが、
どうだったのでしょうか。
そちらの春は、まだ遠いですから、
酒飲んで、おからだ気をつけてください。

きのうは秋田の酒を飲んだのですが、
被災地の酒蔵、だいぶダメージがあり、
連絡がとれない蔵や杜氏さんがいたり、
仕込み水の井戸がダメになったりしているようです。
もっと東北の酒を飲んで応援しなくては。
もちろん北海道の酒も飲みます。

投稿: エンテツ | 2011/03/16 21:31

エンテツさん、いいっすね!

僕も目の前の仕事を一生懸命やって、
(震災関係のボランティア仕事もやって)、
いつも通り、酒場で酔っぱらいます!

投稿: 森末 | 2011/03/16 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大本営ニュースと震災報道競争一色のなかで。:

« みちくさ市と木村衣有子さんとのトークは中止です。 | トップページ | 夜の停電タイムの過ごし方。 »