« 絶賛写真活躍中、男40齋藤圭吾さんの初写真展。 | トップページ | 浅草で「六箔五日」展スソアキコさんの帽子に驚き、のち泥酔。 »

2011/09/16

残暑厳しく、日光光徳牧場のカレーライスと生ビールが恋し。

Dscn0301残暑が厳しい、そしてトシのせいか身体にこたえる。これまで、「夏バテ」というものを自覚したことがないと思うが、ここ数日は、これを夏バテというのかという気分だ。出かけるのも面倒だし、出かけると疲れて、さっさと帰って寝たくなる。なにかやる気力もわかない。じっとしていると、まぶたが重く、さがってくる。クソッタレ、暑いぞ、コノヤロウ、と、酒だけは呑んでいる。

8月30日には、奥日光へ行って、身体の芯まで冷やしてきたのに、これでは、また行きたくなってしまう。ああ、千メートルをこえる高原の光徳牧場の食堂で、生ビールを呑みながら食べるカレーライスがいい。

この食堂は、牧場の牛を食わせるのかどうかは知らないが、とにかく牛肉料理である。ステーキ、ハンバーグ、牛丼、カレーも牛肉カレー。何度も行っているので、たいがい一通りは食べたが、カレーライスがうまいのだ。

Dscn0302_2というのも、牛肉を使ってはいるが、シッカリうどん粉の味がする昔ながらの黄色いカレーライスなのだ。そして、タマネギと牛肉以外は入っていない。うどん粉の旨味とタマネギの旨味と牛肉の旨味がカレー粉とまざりあって、それはそれはうまい。これぞ日本の汁かけめしカレーライスのうまさ。

大衆食堂のカレーライスのうまさでもあるのだが、ヨーロッパ風だのインド風だのというご託宣のタワゴトの中に忘れられてきた味覚が、こういう都会から離れた地に残っている。高原にあるので、平地のような料金ではないが、この食堂のメニューの中では庶民のカレーライスらしく、最も安い。

はあ、書いているうちにヨダレが出てきた。

仕方ないから、写真で愉しむことにしよう。
光徳牧場でバスを降りて、林の間から牧場を見ながら歩く。気分も爽やか。ログハウスの食堂にたどりつくと、このカレーライスがあるのです。

そりゃそうと、『大衆食堂パラダイス!』よろしくね。これが売れたら、夏バテなんかふっとぶさ。

関連
2011/08/31
日光戦場ヶ原、秋の気配。

Dscn0300

|

« 絶賛写真活躍中、男40齋藤圭吾さんの初写真展。 | トップページ | 浅草で「六箔五日」展スソアキコさんの帽子に驚き、のち泥酔。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/52748876

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑厳しく、日光光徳牧場のカレーライスと生ビールが恋し。:

« 絶賛写真活躍中、男40齋藤圭吾さんの初写真展。 | トップページ | 浅草で「六箔五日」展スソアキコさんの帽子に驚き、のち泥酔。 »