« 見沼代用水を遡り深沢七郎ラブミー農場を遠望す。 | トップページ | 熱い汁の喜び。ミーツ1月号「ザ・汁」特集に「エンテツの汁かけ論」。 »

2011/11/28

墓も古墳も死生の妄想か、それとも一夜の酔夢か。

001きのうは、東京カルチャーカルチャー@お台場で〈「墓マイラーと古墳めぐり」トークバトル!〉ってことをやった。これで、カルカルでの古墳がらみは、3回目かな。

出演者は、あきやまみみこさん(墓マイラー)、小嶋独観さん(墓マイラー)、まりこふんさん(古墳シンガー)、おれ遠藤哲夫(大衆食堂の詩人)、司会:テリー植田さん(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)という顔ぶれ。
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_111026203756_1.htm

17時半開場で18時スタートだが、リハーサルがあるので、16時半集合ちょうどに着いた。当初は、あきやまさん、おれ、休憩のち、小嶋さん、まりこふんさんの順序だったが、スライドを見た結果、まりこふんさんとおれは入れ替わった。さらに、「墓マイラー」という名の生みの親であるカジポン(梶本修)さんが大阪から駆けつけ、加わることに。

スタートと同時に呑みはじめる。テリーさんに「呑んでください」といわれていたし、いわれてなくたって呑むのだが。隣に座った、まりこふんさんも、おれと同じペースで呑んでいる。古墳組は大丈夫か、酔ってしゃべれなくなるんじゃないかという勢い。

あきやまさんは、ニースの墓から始まり、沖縄の墓、国内有名人の墓、最後に沖縄の神様の墓など。墓ってのは、生きること死ぬことに関わる文化の集約場所なんだなあ。そういう意味じゃ古墳も同じ。とくに沖縄の神様の墓と、その場所は、ほとんど古墳のような気がした。

まりこふんさんは、古墳のかたちなど、古墳の基本的な話から、野毛山古墳祭りのレポート。あらためて、文字も普及してない時代に、よくあのようにデザインされた大きな構造物を造れたものだと思う。しかも、記録はないため、そこにどんな死生観が込められているかは、想像するしかない。いや、その勝手にアレコレ想像できるってのが、古墳の楽しみでもあるのだが。野毛山古墳祭り、世田谷区の学芸員さんが頑張って企画し、今年で4回目のようだが、ぜひ続けてほしいと思った。ドングリなどを使う古代食もあって、楽しそう。

休憩をはさんで、後半。小嶋さんのトークは、「珍しい墓」というテーマ。田んぼの中の墓。埼玉県でも見られるし、小嶋さんのスライドも埼玉県吉川市の田んぼの中の墓だった。時々見かけてはいたが、こうやって見ると、じつに不思議な風景。なんといっても面白かったのが「樹木葬」というもの。岩手県一関にある例の紹介だったが、墓地は、そのまま自然の山。といっても、もちろん原生林ではないが。埋葬した上に木を植えるというもの。もちろん墓石などはない。これはお寺さんのニュービジネスで、近頃人気らしい。そして、日本のイスラム教徒の墓。イスラムは土葬なので、どこでもよいというわけにはいかない。ところが、なんと、土葬ができる地域というか自治体があるのだな。知らなかった。また、その墓の様子も興味あるものだった。

と、小嶋さんのあとに、カジポンさんが天皇の墓めぐり。時間が短いので23ヶ所だったかな?怒涛のスライドあんどトーク。いやあ、その迫力に圧倒されました。

最後は、おれ。たぶん中生を4杯ぐらいは呑んでいたけど、そこそこ、うまくやれたと思う。

026ajpg古墳の楽しみはいろいろあるが、今回は「妄想編」。もっといえば、東京妄想編であり、アースダイバー的娯楽編なのだ。上野と鳥越と浅草の、妄想をたくましくしないと古墳には見えない古墳を紹介しながら、スカイツリーが、あそこに出来たワケを、中沢新一さんの『アースダイバー』の話などをこねくりながら、妄想する。自由な妄想こそ、想像的遊びの極致。

ま、東京の古墳のある場所は、『アースダイバー』を持ち出すまでもなく、縄文海進の頃の海岸線に多いのだが。東京タワーと芝丸山古墳の関係を『アースダイバー』的に考えれば、スカイツリーにも古墳が関係するわけだ。てな、ことを、理論的に?展開した。21時半ごろ終了。

こうして、墓マイラーと古墳はバトルにならず、いっそう墓も古墳も面白いことを確認する結果になった。こんな生と死もある、楽しい夜だった。めでたし。

030帰り、渋谷まで行くというカジポンさんと、東京テレポート駅から大崎まで一緒に。大宮まで直通のちょうどよい電車がなく、乗り継いで東大宮に着いたら23時。腹が減って、ラーメンが食べたく、ちゃぶだいへ。着く直前のおれの前で、店の看板灯りが消える。のれんも仕舞われていたが、中には客がいた。なら大丈夫。無理をいって、ぎょーめんを作ってもらって食べて、呑んだ。帰る途中で酔いがまわったのか、記憶が無い。

12月17日土曜日、さばのゆ@経堂で、まりこふんさんと古墳ナイトをやります。トークと、まりこふんさんの古墳ブルース。きのうは、まりこふんさんの古墳ブルースはなかったので、この日、大いにうたってもらおう。ま、忘年会のつもりで、みなさんご参加ください。

|

« 見沼代用水を遡り深沢七郎ラブミー農場を遠望す。 | トップページ | 熱い汁の喜び。ミーツ1月号「ザ・汁」特集に「エンテツの汁かけ論」。 »

コメント

どーも、楽しかったですね。
いろいろ文明は発達しても、たいして人間は変わっていないってことかも。
17日、よろしく~。

投稿: エンテツ | 2011/11/29 12:19

いやぁ〜!!
非常に楽しい会でした!!エンテツさんのお話、本当に興味深いものでした。
今も昔も気持ちのいい場所は感覚的に同じ場所を選んでしまうものなのでしょうかね…
また17日、楽しみましょう〜!!

投稿: まりこふん | 2011/11/28 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30930/53357632

この記事へのトラックバック一覧です: 墓も古墳も死生の妄想か、それとも一夜の酔夢か。:

« 見沼代用水を遡り深沢七郎ラブミー農場を遠望す。 | トップページ | 熱い汁の喜び。ミーツ1月号「ザ・汁」特集に「エンテツの汁かけ論」。 »