« 『釜ヶ崎のススメ』のススメ。 | トップページ | 初めての、大宮盆栽美術館。 »

2011/11/21

こんどの土日は、古墳だデーだ。

Dscn0662ツイッターでは何度か告知したが、東京カルチャーカルチャー@お台場での古墳トークは、今度の日曜日27日だ。

これまでの2回は、スソアキコさんとおれが前半、後半をまりこふんさんのトークと古墳ブルースという感じだったが、今回、スソさんは都合が悪い。そして、古墳だけではなく、墓マイラーとかいう、お墓めぐりの人たちと一緒に、〈「墓マイラーと古墳めぐり」トークバトル!〉ってことになった。ま、古墳も墓といえば墓だが。

とにかく、そういうわけで、出演者は、あきやまみみこ(墓マイラー)、小嶋独観(墓マイラー)、まりこふん(古墳シンガー)、遠藤哲夫(大衆食堂の詩人)、司会:テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)で、やることになっておる。

各自の持ち時間が20分ほど。これまでは、スソさんと一緒だったから、おれは酔っ払って相手をするぐらいでよかったが、今回は、ちがう。リッパなプレゼンをしなくてはならない。そこで、どうせ単独でやるなら、これまでの古墳の楽しみには、ほとんど語られることがなかった話をしようと思っておる。

つまり、古墳というと、たいがいは、古墳や発掘品に接近した、考古的あるいは美術的な楽しみが、ほとんどであったはずだ。だけど、古墳は、もっといろいろな楽しみ方がある。古墳は、なんといっても文字のなかった時代のことなので、感覚や精神を思いっきり自由に働かせ、空想し妄想し、右脳も左脳もごちゃごちゃに使って、時空を駆け巡って楽しむことができる。なにしろ、古墳はデカイ、雄大だ。それに見合った楽しみ方をしてみようと、古墳を巨視的に見たら、どうなるか。というのが、今回のプレゼンの趣旨になる。

これを一言で言うなら、地理的な楽しみとでもいうか。近年ハヤリのアースダイバー的娯楽というか。これからプレゼン用のスライドを作るのだが、そんなことを考えておる。

とにかく来てほしい。ま、カタイこと言わずに、古墳をネタに、大いに呑んで楽しもうではないか。ようするに、そういうことだ。

詳細とチケットはこちら、東京カルチャーカルチャーのサイトです。
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_111026203756_1.htm

そして、この会場に来れないスソアキコさんだが。なんと、前日の26日に、福岡県京都郡みやこ町で開催の〈みやこ町古墳フォーラム〉のパネルディスカッションにパネラーとして参加するのだ。いやあ、すばらしい。こちらに案内があるので、都合のつく方は、ぜひ参加してほしい。
http://www.town.miyako.lg.jp/sougouseisaku/osirase/kohunhuxo-ramu.jsp

以上、とり急ぎ。よろしくね。

写真は、今回のおれのプレゼンの舞台、上野公園から浅草方面を見た。このスカイツリーが、ここにできたのは偶然か、東京の古墳を知れば大いに古墳と関係ありそう、というアースダイバー的トンデモ話?は、当日会場で。

そうそう、12月17日土曜日には、さばのゆ@経堂で、まりこふんさんと古墳トークをやります。もちろん、まりこふんさんの古墳ブルースもあります。

|

« 『釜ヶ崎のススメ』のススメ。 | トップページ | 初めての、大宮盆栽美術館。 »

コメント

こちらこそ、よろしく~。

ここで大風呂敷を広げたけど、
はて、どうなるか~。

おれにもわからない。

ま、大いに楽しみましょう。

投稿: エンテツ | 2011/11/22 01:06

エンテツさん!その古墳の楽しみ方、大いに知りたいですー!!!
物凄く楽しみにしてます!
あたしの話はチマチマした内容のモノなので、余計にエンテツさんのお話が引き立つかも!?
いろんな古墳の楽しみ方が紹介出来そうな気がしてワクワクしますー!
宜しくお願いします!!

投稿: まりこふん | 2011/11/21 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんどの土日は、古墳だデーだ。:

« 『釜ヶ崎のススメ』のススメ。 | トップページ | 初めての、大宮盆栽美術館。 »