« 『dancyu』8月号カレー特集に書きました。 | トップページ | 都合により、29日の第2回「エンテツの帰ってきた泥酔論」@小岩の野暮酒場は延期です。 »

2012/07/15

NHKラジオ第一すっぴん!「VIVA!大衆食堂」5回目最終回。

大阪の取材から帰って、その原稿締切りが12日。その前日の11日は、NHKラジオ第一すっぴん!「VIVA!大衆食堂」の出演日だった。しかも、すっぴんは高校野球の中継などのため、20日から夏休みになるので、今回が最終回。

もともと4月から3ヶ月の約束でスタートしたのだが、これで「最終回」になったのは、おれのワガママ。9月から毎週にしたいというありがたいお話をいただきながら、朝が早すぎることもあって、やってみたら隔週でも負担が重い。放送当日、フラッと行けばよいのではなく、事前に構成の打ち合わせなど準備がある、当日の朝が早いので前夜もしばられる。もっと若くて、もっとNHKに近いところに住んでいるなら問題ないのだが、ほかのスケジュールに影響が及んじゃうのだ。あれこれ条件をつきあわせてみたけど、うまい方法が見つからない。ってことで、9月からはイレギュラーの「神出鬼没」という含みを残して、今回はひとまず終了。

で、11日の前夜10日のことだ。十日町出張帰りの須田泰成さんと、大宮いづみや本店で18時半に待ち合わせて飲んだ。初めて知ったのだが、隣のいづみや第2支店が改装して、入口の位置を変え、交差点寄りのほうに大きく開口部をつくり、中が見える入口になっているのだ。本店のほうも、トイレを改装して、綺麗になっていた。そんなこともあって、気になるので、本店のあと第2支店へとハシゴした。そして、飲めば深酔い間違いないアヤシイ黒糖焼酎を飲んでしまった。これがマチガイのもと。いろいろおもしろい話をして気分よく飲んで須田さんと大宮駅で別れたのは22時ぐらいだったはずだ。

帰ってベッドに転がっているうちに寝てしまった。朝の目覚ましをセットしないまま。この夜、妻は旅行でいない。ってことで、ハッと目が覚めたら、朝の6時。8時半までにスタジオに入らなくてはならない。ウチから2時間はかかるのだ。大慌てで支度して出た。

ってことがあって、無事に放送は始まり、今回は「美しい小さな村の大きな食堂」ということで、山形県大蔵村の大蔵食堂の話をした。「VIVA!大衆食堂」のコーナーのあとの「おべんとガーデン」のコーナーにも出てオシャベリ、無事に最終回は終わったのだった。

終わったあとの雑談で、ユカイさんの実家が、ウチのすぐ近所だと判明、いまでもそこにあるのだと。ギャーと盛り上がった。そして、藤井アナウンサーと共に、3人で記念写真を撮っていただき、スタジオをあとにしたのだった。

その写真も含め、番組の公式ブログに掲載されています。最初の企画立上げでお世話になった野本さん、毎回の構成でお世話になった小笠原さんはじめ、関係者のみなさん、ありがとうございました。いつかまた!
http://www.nhk.or.jp/suppin-blog/125998.html

ふりかえってみると、4月から隔週水曜日、三ヶ月間で始まったのだが。4月4日はコーナーがなく、18日が1回目、5月2日、16日、30日、6月13日、27日、7月11日の予定だった。しかし、国会中継がある日は、前日の夕方に中止が決まる構造で、4月は放送なし。5月2日が1回目で「初めての大衆食堂物語」、東京は恵比寿の[こづち]。2回目、5月16日は「北九州の大衆食堂」で、黒崎の[エビス屋昼夜食堂]。3回目、5月30日は「新潟の大衆食堂」で故郷は南魚沼市六日町の[万盛庵本店]。4回目は、6月27日「横綱がおいしい食堂」で、チョイと事情があって妙なタイトルがついているが、当日は「おかずで悩む食堂」ということで大阪は千日前の[しみず]。そして最終回5回目が去る11日だった。
http://www.nhk.or.jp/suppin/foodcourt/shokudo.html

前回の模様は、
2012/06/27
NHKラジオ第一すっぴん!「VIVA!大衆食堂」4回目。

|

« 『dancyu』8月号カレー特集に書きました。 | トップページ | 都合により、29日の第2回「エンテツの帰ってきた泥酔論」@小岩の野暮酒場は延期です。 »