« 酒飲みハンセイキ。 | トップページ | 木村衣有子さんとの「のんべえよもやま話」トーク、盛況御礼。 »

2012/11/10

タイトなトンネルを抜けたら、もう年末か。明日はイズマイでトーク。

今回は、いくらなんでもブログをさぼりすぎた。先月末から、近年まれにみるタイトなスケジュールに突入、それはまあ酒を飲む時間も確保するために、ますますタイトになるのだが。とにかく近頃は、トシだねえ、一度に色々なことができなくなって、忙しいとブログを書く気が起きないのだ。

とりあえず。遡って主な日記といくか。簡単に。

10月28日は日曜日。瀬尾幸子さんが、自宅で「竪穴食堂」の営業実験をやるというので、行ってきた。11月から本格稼動で、すでに案内をいただいている。「竪穴食堂」というのは、瀬尾さん宅の縄文の竪穴住居をモチーフにした部屋、日ごろは料理スタジオに使う空間で、食堂をやってみようということで始まった。会員制風なもの。

五十嵐洋之さんの小出版社ビレッジプレスが発行する『雲遊天下』から寄稿の依頼があって、11月2日の締め切り。特集のテーマが「なくなったもの」だそうで、「大衆食堂から見るなくなったもの」のタイトルで書いた。岡崎武志さんやのむみちさんも寄稿されているとか。先日、校正が終わったので、今月中に発行になるのかな?
ビレッジプレスのサイトはこちら。
http://www.village-press.net/

その締め切り日の2日。夕方17時から祖師谷の阿部食堂を取材。東京新聞に月いちで連載の「大衆食堂ランチ」2回目、11月16日の分。寒くなったので、やっぱり阿部食堂のとん汁が食べたいナってこと。早く終わったので、帰り、松陰神社前へ。8人で一杯になるカウンターはすでに満席。主が2人がけテーブルを空けてくれ、座る。遠いからめったに行けないが、いい酒場だねえ。と、なんと、谷さんがあらわれた。あまりの偶然におどろいたが、彼はここの常連だそうで、よく来ているらしい。いろいろ知り合いが絡んでいる酒場なのだなあ。とにかく、泥酔帰宅だった。

で、3日は、またもや祖師谷の隣の経堂へ。18時から、さばゆで「十日町ちゃん祭り」なのだ。今回も十日町の農業支援をしている大学生がわんさか集まり大盛況。妻有豚と新米コシヒカリ、ずいぶんひさしぶりの鯨汁など、たっぷり飲み食い。19時すぎ、須田さんと店を出て経堂西通りあたりをブラブラ。西通りは北と南があることを初めて知った。のちすずらん通りへ出て、まいどの太田尻家。まだ空いている時間だったので、家長も含め3人でのんびり話しながら飲む。須田さんや家長と、こんなにのんびりおしゃべりしたのは初めてじゃないかな?

とにかく須田さんは、神出鬼没八面六臂の活躍で大忙し。おれも絡んでいる新プロジュエクトの準備も着々と進んでおり、そのうち姿を現すだろう。

とにかく泥酔帰宅で、4日からは外出はせずに、企画書や原稿書き。東京新聞も含め、8日に重なった締め切りをなんとかクリア。

で、昨日の9日は、某新聞社の取材で、16時半に笹塚、のち大宮。この件は、そのうち某新聞社のWEBサイトに掲載になるので、その時に。

033写真は、あえてブレのあるものを載せるが、若い彼女たちは、いづみやは初めて。テーブルで隣あわせになった、男子とおしゃべりしていた。確か、その男子も2回目ぐらいと言っていたように思う。とにかく、いつのまにか彼らを巻き込んでか、こちらが巻き込まれたのかの取材になった。楽しい人たちで、最後は名刺交換までしてしまった。またいづみやで会いたいねえ。

撮影と掲載の許可はもらってあるので、たぶんWEBサイトにも登場するだろうから、その時にピントのあった写真が見られるでしょう。

昨夜のいづみや本店は、20時過ぎぐらいから、美形の若い女子が連れ合ってやカップルで入ってきて、おどろいた。最近は大衆酒場や大衆食堂の客層が変わってきていて、社会学者も指摘するような、それなりの背景があるのだが、これからは、ますます若い女子が飲食店の命運を握るか?リーマンショック以後、とくに小規模零細経営の飲食店は厳しい状態が続き、消費税増税でさらに厳しくなる気配。大衆食堂も大衆酒場も、これまでの客を大事にしながら新しい客を開拓して継続を図る工夫をしているところが増えているようだが。

出かけたついでに、新宿の紀伊国屋書店で、是非とも読みたいと思っていた、岡崎武志さんの新著『上京する文学學』(新日本出版社)を買った。まだパラッと見ただけだが、気合の入った名著の予感。これからじっくり読む。

そうそう、昨夜はいづみやのあと、東大宮に着いたらまだ22時すぎぐらいだったので、かなり酔っていたにもかかわらず、いや酔っていたからか、ちゃぶだいへ寄ってしまった。生ビールのち、澤姫の火入れとひやおろしを飲んで、3杯目がとてもうまくておかわりしたような記憶があるのだが、その3杯目あたりから泥酔で酒の銘柄も覚えてない状態。記憶喪失帰宅で、目が覚めたら朝、脱いだ服がとっちらかっていた。しかし、デジカメを見たら、飲んだ酒が写っていた。奥能登の白菊。よい酒だった。

明日は、イズマイで木村衣有子さんとのトーク。「のんべえよもやま話」ってことでおしゃべり。会場のイズマイは、いまどきのオシャレなブックカフェあんどバーで、こういうところでおれがトークをするなんて、最初で最後かも。とにかく、イチオウ準備もしたし、けっこう面白い内容になるはず。まだ申し込みが可能なようだから、いまからでも遅くはない。
http://ismy.jp/nonbee.html

|

« 酒飲みハンセイキ。 | トップページ | 木村衣有子さんとの「のんべえよもやま話」トーク、盛況御礼。 »