« 上野の大統領のち東大宮のちゃぶと太郎をハシゴ、泥酔記憶喪失帰宅そしてやまだ農園の「やさいはんず」。 | トップページ | 脱稿。 »

2013/07/24

東京新聞「大衆食堂ランチ」10回目、神田・栄屋ミルクホール。

Dscn2322

今月になって、初めての更新だ。暑くて、ブログを書く気もしなかった。ってのはウソだけど、なんとなくドタバタ過ぎて、先週の金曜日に掲載の、この件についても忘れていた。

この回は、ちがう食堂を予定していたのだが、あまりに暑かった日、たまたま栄屋ミルクホールの近くにいて、冷やし中華が食べたくて、駆け込んだ。まさに、暑さを逃れるように駆け込んだのだ。そして、食べた冷やし中華は、暑さにやられた肉体にしみこむうまさだった。

そこで、うん、やっぱり暑い夏は、冷やし中華だと思い、急遽予定を変更し掲載することにしたのだった。栄屋さんは、ラーメンファンのあいだでラーメンが人気だが、冷やし中華もうまい。

原稿では、「メンマ」ではなく「しなちく」と書いたのだが、「しな」でも「支那」だから使えないということで、「メンマ」に直された。栄屋さんには、「支那筍そば」というメニューもあって、独特のやわらかさの「支那筍」がうまいのだが。

ま、とにかく、東京新聞のサイトに掲載中のこちらをご覧ください。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2013071902000175.html

Dscn2324

|

« 上野の大統領のち東大宮のちゃぶと太郎をハシゴ、泥酔記憶喪失帰宅そしてやまだ農園の「やさいはんず」。 | トップページ | 脱稿。 »