« 故郷で古稀記念同期会。 | トップページ | 『大衆めし 激動の戦後史』にいただいた、お声。 »

2013/10/25

『大衆めし 激動の戦後史』が共同通信の書評に。

発売日は10月7日ということだったけど、実質書店に並びだしたのは翌日の8日で、発売日から約2週間がすぎた。これまでだと、新聞や雑誌に紹介や書評が載るのは、発売から1ヵ月後ぐらいだったけど、去る21日、『大衆めし 激動の戦後史』の書評が共同通信により配信され、いろいろな新聞に掲載になっているようだ。

「和洋中を超える日本の料理」のタイトルで、「ふだんぼんやりしていたことをビシッと言い当ててもらった爽快感がある」と。
http://www.47news.jp/topics/entertainment/2013/10/post_6329.php

ツイッターなどには、いろいろ読後感があがっているが、後日このブログにまとめたい。

ちょうど、「和食」が無形文化遺産のユネスコの事前審査通る、といったニュースがあって、本書が(「日本の料理」を意味しない)「日本料理とは、なんぞや」と、「和食」の実態を明らかにしているあたりも関心がもたれているようだ。

|

« 故郷で古稀記念同期会。 | トップページ | 『大衆めし 激動の戦後史』にいただいた、お声。 »