« 『かつお節と日本人』、週刊文春に書いた書評が、ご覧いただける。 | トップページ | 恩田えり×エンテツのトーク、大入り満員御礼、「和食」を語り、のち朝まで飲み。 »

2013/12/05

北海道新聞の著者インタビュー「訪問」に登場。

003003

北海道新聞の著者インタビュー「訪問」の記者と会ったのは、先月13日のことだった。新橋の烏森口で待ち合わせ、近くの飲み屋街路地、つまり少しでも「大衆的」雰囲気を背景に写真撮影、ニュー新橋ビルならではの落ち着く喫茶店でインタビューとなった。

その記事が、12月1日(日)に掲載になった。タイトルは「庶民の味はなぜうまいのか」。取材のときは体調が万全ではなく、イマイチ話に集中できなかったのだが、うまくまとめていただいた。おれが思っている『大衆めし 激動の戦後史』の核心部分に言及いただいていて、うれしい。

下の写真で、文章をご覧いただけるだろうか。

明日は、2013/11/23「12月6日(金)恩田えりのもっと知りたい話したい第三回 大衆食堂詩人エンテツ解体新書その3、など。」で告知したように、恩田えりさんとのトーク。「大衆めしと江原恵とオレ」のタイトル。「和食」の世界文化遺産登録が決まったことだし、「日本料理の敗北」を宣言し「日本料理の二重構造」を指摘した江原恵との出会いから、気合を入れて話そう。いま世界文化遺産という「和食」のベールをかぶった日本料理の本質を示す資料も持っていく予定。よろしくね。

003002

|

« 『かつお節と日本人』、週刊文春に書いた書評が、ご覧いただける。 | トップページ | 恩田えり×エンテツのトーク、大入り満員御礼、「和食」を語り、のち朝まで飲み。 »