« 東京新聞「大衆食堂ランチ」18回目、新宿・長野屋。 | トップページ | 「すみれ洋裁店・小口緑子の美術展」とミニ古墳部活動、一日目。 »

2014/04/30

5月の、おすすめトーク、二つ。

近年は何かとイベントが増殖している。とくに4月5月とこの連休などは、もうイベントがありすぎな感じだ。それも消費的イベントが多いようだ。

おれも本が出ると、「出版記念」と称して、そのテのトークをやったりするのだけど、なんでもイベントのネタになって、ツイッターやフェイスブックなども利用され、恐ろしいほどすごい勢いで消費に回収されてしまう時代なのですなあ。

ここにおすすめする二つのトークは、そういうものとはチト傾向が違う。

一つは、おれが出演するわけではない。
これはもう是非とも聞きたいトーク。

5月18日(日)の、鬼子母神通り「みちくさ市」トークで、速水健朗さんと五十嵐泰正さんが対談する。
お題は、「『なに食べた?』で社会は変わるのか」というもので、このお二人にピッタリだ。

みちくさ市トークといえば、わめぞがプロデュースするもので、昨年2月8日に、五十嵐さんとおれは、「『いいモノ』食ってりゃ幸せか? われわれはみな〈社会的〉に食べている」という対談をしている。(2013/04/22『いいモノ』食ってりゃ幸せか?が、朝日新聞のWEBRONZAに転載になり。)

そして、速水さんとおれは、2014/04/17「3月15日の大盛堂書店@渋谷での速水健朗さんとのトーク。」に書いた通り、この3月に対談したばかり。その日には、五十嵐さんも会場に来ていて、打ち上げにも参加していただいた。

5月18日(日)のみちくさ市は、いつものように古本フリマも開催される。トークは、13時30分~15時まで。
詳しくは、こちら。
http://kmstreet.exblog.jp/18596651/

これはもう、おれのようなジジイとの対談とはちがう、ほぼ同年代の気鋭の二人ですからね、楽しみです。

もう一つは、おれも出演するトーク。

浦和にあったクークーバードが、4月下旬に閉店し北浦和に引っ越し、5月5日に「北浦和クークーバード」としてオープンする。その新店舗オープン記念というか。

猪瀬浩平さんからお声がかかり、5月29日(木)に、対談することになった。

「大衆食堂の詩人、エンテツさんとの町談義~北浦和の歯ごたえ、北浦和ののど越し」「『大衆食堂の詩人』フリーライターのエンテツさん 北浦和はどんな街ですか?」(聞き手 猪瀬浩平さん)てことです。

詳しくは、こちら。
http://coocoobird.jimdo.com/live/

猪瀬浩平さんと初めてお会いしたのは、昨年11月、五十嵐泰正さんのゼミの「見沼たんぼ福祉農園」訪問に便乗したときだった。(2013/11/30「見沼田んぼ福祉農園を訪ねた。すごい充実した一日だった。」)

おれがココさいたま市見沼区東大宮に引っ越したのは5年前のことで、その前は10年間ぐらい北浦和に住んでいた。これまで、子供のころも含めて、同じところに10年住んだのは北浦和だけなのだ。

はたして、北浦和の歯ごたえとのど越しは、どんなものか。

それより、おれのほうが、北浦和の住人で、明治学院大学の教員をやりながら、見沼たんぼやら福祉やら、いろいろ活躍の猪瀬さんに聞きたいことがたくさんあるから聞きまくろうと思っている。

よろしくね。

|

« 東京新聞「大衆食堂ランチ」18回目、新宿・長野屋。 | トップページ | 「すみれ洋裁店・小口緑子の美術展」とミニ古墳部活動、一日目。 »