« 書店員さんたちと飲む、「大盛堂書店2F通信」で、いろいろ考えた。 | トップページ | ようするに、なんてったって、アイデンティティ。 »

2014/08/05

9月13日に「俺とエロと祭りと私」トークをします。

「俺とエロと塩麹と私」(ゲスト=麹料理研究家おのみささん)、「俺とエロと手拭と私」(ゲスト=手拭番長じゅんこさん)と続いた俺とエロトークシリーズ、いずれも満員御礼好評だったが、第三弾が決まった。

「俺とエロと祭りと私」と題して、仕事で東京の祭りの写真を撮っている、フランス人フォトジャーナリストのマルイユ ダビッドさん(ダビさん)をゲストとして招き、ダビさんの写真を見ながら、彼の目から見た「祭り」の話しを中心にアレコレおしゃべりします。

このあいだ、チョイと飲みながら聞いたのだけど、ダビさんは明るく楽しく愛きょうがあるうえ、「白人」だと入りやすいということもあるようで、日本人だとなかなか入り込むのが難しい深いところまで取材しているようだ。それはまた東京の深いところでもあるのだが。面白い話が聞けるだろう。もちろん、写真も、すばらしい。

9月13日(土)、さばのゆ@経堂、18時半スタート、投げ銭制。

予約は、さばのゆへ。
http://sabanoyu.oyucafe.net/

それから、先日、都内の某飲食店で、恩田えりさんとバッタリ出会って、えりさんと4回目のトークをやることになった。

「恩田えりのもっと知りたい話したい」シリーズの「エンテツ解体新書」は、昨年12月に3回目をやって、またそのうちにってことになっていたのだが、4回目を、12月28日(日)にやることになった。

えりさんは、三味線抱えてますます大活躍、先月はオランダ、今月はオーストラリアと、海外までも足をのばして忙しく、暮れも押し迫ったこの日になった。詳細は、これからつめ、後日告知します。たぶん、生活料理と江原恵あたりを「解体」することになる模様。

| |

« 書店員さんたちと飲む、「大盛堂書店2F通信」で、いろいろ考えた。 | トップページ | ようするに、なんてったって、アイデンティティ。 »