« 農水省広報誌『aff(あふ)』7月号、「A級グルメの町おこし」。 | トップページ | 建築家は、ずいぶんたくさんのことを考えているんだなあ。 »

2014/08/09

「リーズナブル」という考えのない、際限ない「品質主義」。

まとまりのない考え事のメモ。

最近のゼンショー「すき家」第三者委員会の報告と話題は、直接的には「ブラック」といわれたりする「過酷労働」の問題だけど、理想主義的ともいえる品質追求についても一部では問題にされていて、これまであまり批判されることなく正しいとされてきた「品質主義」を考え直すよい機会のような気がしている。

飲食サービスやスーパーの経営者は、儲け主義の強欲者が多いように見られがちだけど、よりよい生活のために真摯に品質を追求している経営者も少なくない。おれが仕事で付き合ってきた経営者などは「真摯な商売」なんかアタリマエという感じがほとんどだった。A商品を置けばもっと儲かるのに、地域のためにはよくないとやめたり、惣菜の開発で、この値段ならこの味で妥当というセンにいっているのに、高級店並みの味にしようとして、それができないため投じたカネを無駄にしたり。それはもう宗教がかっている感じもあって、こと「品質」になると、このひとたちは求道的でこだわりすぎと思うこともあった。

実際に、これらの業界の経営者には新興宗教の信者も少なくなく、飲食業や流通業の経営者に人気の宗教もある。とても紳士で真摯な信者なのだ。それが「品質主義」に向かう。

最近亡くなった、某有名コンサルティング会社の創業者などは(このコンサル会社は飲食業や流通業を主な顧客にしているのだが)、まるで教祖様のようだったし、教祖様のように崇拝するクライアントの経営者もたくさんいた。ヤバイんじゃないのと思うぐらいスピリチュアルなことをいい、晩年には、そのテの雑誌も出していた。その品質主義は神がかっていた。

日本でよく売れるビジネス書といえば、数字なんか関係ない「経営哲学」の本だ。「経営哲学」といったって、成功の実績がなければ振り向かれないのだから、本質はカネなのだが、それはビジネスとして当然だろう。「松下哲学」なんぞは、かなりの威力を持っていた。最近でも「稲盛哲学」なる本が、「何万部突破!」という車内広告にあった。「経営哲学」なんていうが、哲学ではなく「精神論」「心構え」がほとんどじゃないかという批判もあるが、とにかく、ゼンショーの社長の「品質主義」は、もし「過酷労働」が問題にならなかったら、当然過ぎて話題にもならなかったかも知れない。

そこが、品質主義のアブナイところのような気がした。とくに要求するだけの消費者の存在。いつの間にやら際限のない品質主義にはまっているのではないか。

知り合いのアメリカ人ビジネスマンが、日本人には「リーズナブル」という考えが通用しないと嘆いた。予算、用途、環境や条件などに関係なく、際限なく品質を求めるというのだ。

品質は「よければよいほどよい」というのは、一般論であって、現実社会でそのように実行すると、どこかしらに無理が出る。たいがいは無理が出ないところでおさめる。これ「リーズナブル」ではないかというと、彼は、いやそうではない、それは結果的におさまったのであって、「リーズナブル」という考え方があってのことではない。品質に対するクレームのつけかたは度を過ぎている。品質に対する要求の基準は、どこにあるのだ。「よければよいほどよい」という考えしかないのではないか。と、嘆くというより、怒る。

いやあ、クレームねえ。そういえば、『ブラック企業 VS モンスター消費者』(以前当ブログでも紹介した、今野晴貴・坂倉昇平、ポプラ新書)では、この「リーズナブル」という考えとブラック企業やモンスター消費者の関係はふれてないが、ブラックもモンスターも「リーズナブル」の欠如や逸脱と考えてみるのもよいかと思った。

「リーズナブル」という考えのない際限ない「品質主義」が、ブラックやモンスターの背後にあるかも知れない。

最近、ツイッターで、このようなツイートを見た。

@little_fish05さん。8:00 - 2014年7月26日

わが国では、おそらく高度経済成長期における専業主婦層の拡大が、庶民の家庭生活に要求される家事レベルを無駄に引き上げたのではないかと想像できるので、共働きが当たり前になった現代にそのレベルをそのまま維持するのは無理だと思う。
https://twitter.com/little_fish05/status/492806665117261824

これに、こういう引用RTがついていた。

@YukoOhnakaさん。10:49 - 2014年7月26日

“@little_fish05: 高度経済成長期における専業主婦層の拡大が、庶民の家庭生活に要求される家事レベルを無駄に引き上げた”
本当に「無駄」。キャラ弁とか、おかずを何品も並べて洗い物をやたらと増やすとか。家庭は仕出し屋じゃない。
https://twitter.com/YukoOhnaka/status/492849091060064256

これは面白い指摘だと思った。家事レベルの「品質」だけのことではない。

「高度経済成長期における専業主婦層の拡大」ウンヌンについては検討が必要と思われるが、「品質主義」が脚光をあび、際限のない品質主義の流れが目立つようになったのは、 高度経済成長期が終わったあと、「成熟社会」がいわれ始めた1980年ごろからだったと思い当たった。

1984年4月発行、博報堂生活総合研究所の博報堂トレンド研究会による『コンセプト'84』は、第一章が「「ひとなみ」を超えようとする人たち」で、「頂点(いただき)」コンセプトから始まる。際限なく頂点を求める人たち。「生一本」「知的」「いごこちのよさ」などのコンセプトが並ぶ。そして、「消費者はイスに座って待っている」と。

1990年1月発行、博報堂生活総合研究所による「90年代生活予報」をうたう『社会性消費』では、「社会性消費」の二つの面が指摘されている。一つは、「配慮(これでいいのかな?のアセスメント行動)」、もう一つが、「要求(何とかしてよ!のクレーム行動)」なのだ。

「リーズナブル」という考え方は、どうなるのだろう。骨董では、職人が大衆向けにつくった「駄物」が高い評価を受けることは珍しくないそうだ。「品質」とはなんだろう。

「リーズナブル」と「品質」のほかに、使い方や用い方も関係する。料理でいえば、作り方や食べ方も関係する。

「駄物」や「駄人」じゃ、ダメなの?自分が人の上に立ちたいだけの「品質主義」は、よい「品質」といえるの?

そもそも「質」は、多様性や多面性を考え量るのであって、それぬきの「品質」なんて、インチキクサイね。

そんなことを、とりとめなく、考えている。

| |

« 農水省広報誌『aff(あふ)』7月号、「A級グルメの町おこし」。 | トップページ | 建築家は、ずいぶんたくさんのことを考えているんだなあ。 »