« 四月と十月文庫『理解フノー』の編集がボチボチ始まった。 | トップページ | まだ11月だった先週のこと。 »

2014/11/28

突然ですが、今夜10時45分頃から。

急遽、TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』に出演することになりました。

10時45分頃からの1時間は、メインセッションというコーナーで、その日、その日のニュースを見ながら特集を決めているものだそうで、昨夜、連絡があって、出演が決まった。夜の10時45分頃からなら、たいがい飲んでいる時間だから、急の話でも対応できるわけですね。

テーマは『今こそ語ろう!ご飯のお供』です。

きっかけとなったニュースは、今、大阪でご飯給食の食べ残しを減らす取り組みとして、ふりかけの導入が議論となっていることだそうです。

特集の前半で、おれが、「ご飯のお供が普及、求められてきた背景、社会構造の変化や、日本経済に何があったのかなどについて」、荻上チキさんと話します。チョイとカタイ話ですね。

後半は、くだけて、長船邦彦さん(おかわりJAPAN管理人)が加わり、実際に、いまどんなご飯のお供があるか、リスナーさんのメールをはさみながら、紹介します。どうやら、紹介するご飯のお供を、試食しながらになるらしい。

この番組、一年ぐらい前の11月19日に、メインセッションのあとのミッドナイトセッションのコーナーに出演しているのだが、そのときは、後半は、番組ディレクターさんが作った、豚汁を食べながらだった。食べながら、が、好きな番組なのか?馴れないと、食べながらしゃべるのって難しいんだよね。

ま、とにかく、そういうわけなので、今夜、10時45分頃から11時45分頃まで、よろしく~。

昨年出演のときのことは、2013/11/21「一昨日深夜「荻上チキ・Session-22」のち朝までカラオケどんちゃか。」に。


あと荻上チキさん責任編集「知の最前線を切り開く電子マガジン」を謳う「シノドス」には、2回登場しています。

2013年4月5日には、五十嵐泰正さんとの対談、「『いいモノ』食ってりゃ幸せか? われわれはみな〈社会的〉に食べている」→http://synodos.jp/society/3222こちらでご覧いただけます。

当ブログ関連は
2013/04/22
「『いいモノ』食ってりゃ幸せか?が、朝日新聞のWEBRONZAに転載になり。」


今年の10月15日発行の「シノドス」には、インタビュー「普通にウマい!はどうして大切か――大衆食堂からみえる食の形」で、登場しています。

当ブログ関連は
2014/10/16
「αシノドス」に「普通にウマい!はどうして大切か――大衆食堂からみえる食の形」


いずれも、『大衆めし 激動の戦後史』が関係する。この本は、食事や料理の、イマや未来を考えるうえで欠かせないことを述べています。

|

« 四月と十月文庫『理解フノー』の編集がボチボチ始まった。 | トップページ | まだ11月だった先週のこと。 »