« 自分に合った『深夜食堂』を持つ方法(後編)。 | トップページ | 野暮酒場で元力士によるちゃんこ鍋。 »

2014/12/23

東京新聞「大衆食堂ランチ」26回目、新丸子・三ちゃん食堂。

005001

先週の第三金曜日19日は、東京新聞に連載の「エンテツさんの大衆食堂ランチ」が掲載になったのであった。

今回は川崎市新丸子の有名人気店『三ちゃん食堂』。すでに東京新聞のサイトにも掲載になっている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2014121902000200.html

例によって、外観の写真はカットされているのでここに載せておく。本紙には、トリミングされて載っているが。

食べたのは、中華丼。中華丼を食べたのは久しぶりだし、ここの中華丼を食べたのは初めて。

中華丼は一般的に、塩味と醤油味があって、三ちゃん食堂は醤油だった。醤油味は好きなのだが、写真の見た目は塩味のほうがよいようだ。それは、カチッとした白系の色や白系の透明感を好んだり、素材の「自然」な色を好む、日本人の文化の影響なのか、ちょっと気になっている。

この連載のせいかどうか、ずっと断り続けていたら、しばらく途絶えていたテレビの出演依頼が、今年後半になって2局からあった。どちらもキー局だったが、お断りした。

010001

|

« 自分に合った『深夜食堂』を持つ方法(後編)。 | トップページ | 野暮酒場で元力士によるちゃんこ鍋。 »