« 東京新聞「大衆食堂ランチ」26回目、新丸子・三ちゃん食堂。 | トップページ | 事実は立場によって違うもの。 »

2014/12/24

野暮酒場で元力士によるちゃんこ鍋。

002

昨夜は、野暮酒場で、元力士・若駿河さんによるちゃんこ鍋大会だった。元若駿河さん、ありがとうございました。

大きなアルマイトの鍋で大量に作るちゃんこは、料理屋でしか食べたことがないちゃんこと大いに違った。ガツンと力がつく感じ。

水は、ほとんど使わない。出汁に、切った白菜をドサッといれ、白菜から出る水分が基本。

白菜のほかに、人参、大根などは切って下ゆで。それに、ニラ、椎茸、榎茸、しめじなど。鶏肉ベースに豚、山芋と玉子の黄身のつみれ。油揚げ。これらをつぎたしつぎたし、食べる、飲む。酒がすすむ。

元若駿河さんは、相撲部屋で修業を積んだだけあって、ほれぼれする手際のよさ、身体の動き。

006最後は、具を全部食べてしまい、ボールに納豆と刻んだネギを用意、まずは鍋に残っている汁にごはんを入れ、最後に納豆をかけて混ぜ、ちぎった海苔をかけ、盛って食べる。これがまあうまいこと、身体があったまること、酒がすすむこと。

ってわけで、集まった10数名の野暮たちは、大いに楽しんで酔っ払ったのだった。

このあいだ野暮酒場で有馬さんとやったトーク「川の社会学」がらみで、「小岩ベニスマーケット」の話が大いに盛り上がった。来年、「川の社会学」は、ガッチリやります。

Yahooがサービスをやめてから、面倒なのでほっておいた、野暮連のメーリングリスト、グーグルのグループを使って再開することにします。

これまでのリストはなくなってしまったので、登録希望の方は、これまで登録されていたひとも、あらためて、おれまでメールアドレスを連絡してください。

新たに参加希望の方は、お会いしたことがある方以外は、登録できません。メーリングリストに登録されてなくても、ツイッターやここで告知される、野暮酒場など野暮なイベントへの参加は歓迎です。

008

|

« 東京新聞「大衆食堂ランチ」26回目、新丸子・三ちゃん食堂。 | トップページ | 事実は立場によって違うもの。 »