« 「川の東京学」メモ 米と麦、深川飯。 | トップページ | 料理の精神分析的賞味法があってもよい。 »

2015/09/30

美術系同人誌『四月と十月』33号、連載「理解フノー」は15回目。

002

一昨日の28日は誕生日で72歳になった。といっても、とくになにもない。

明日から10月。4月と10月に発行の美術同人誌『四月と十月』33号が届いた。

おれは同人ではないが、「理解フノー」というタイトルで理解フノーな連載をしていて、今号で15回目。そのタイトルは「フリーライター」。20年前、『大衆食堂の研究』を書いたのちしばらくして使いだした「肩書」と、出版業界との付き合いのことを少々。

表紙は福田紀子さん。表紙デザインの内藤昇さんによれば、福田さんは「一見おとなしそうな人なのに、ビシバシ!描くようです」。うん、その気配は、作品からも発散されているようだ。

福田さん、ビシバシ描き、ビシバシ活躍している。10月7日~18日、大阪のイトヘンで展覧会。福田さんだけでなく、同人のみなさんは若い。ビシバシ制作し活躍している。

「アトリエから」に掲載の美術作品だけでなく、文章がよいのも、あいかわらずだ。デロリの正成美雪さんは結婚されたからだろう、作家名が「瓜生美雪」に変わった。ビシバシ結婚おめでとう。

四月と十月文庫から発行予定のおれの原稿は、さっぱり進んでいない。おれより先に企画が決まっている4冊ができていないのをいいことに、サボりまくっている。

そろそろビシバシやらねば、と思いながら、今夜も酒を飲んでデレデレすることになるだろう。

おれのビシバシは、飲むことだけだ。

四月と十月のサイトも、スマホ対応にリニューアル、更新も早くなり、すでに今号の案内がアップされている。ビシバシやっていますなあ。
http://4-10.sub.jp/

|

« 「川の東京学」メモ 米と麦、深川飯。 | トップページ | 料理の精神分析的賞味法があってもよい。 »