« 『dancyu』1月号、特集「いい店って、なんだ?」に、歌舞伎町のつるかめ食堂を書いた。 | トップページ | 東京新聞「大衆食堂ランチ」38回目、方南町 やしろ食堂。 »

2015/12/23

牧野伊三夫さんは『僕は、太陽をのむ』、おれは酒を飲むだけの日々。

001001

年末がバタバタすぎていく。年末ならではの仕事のトラブルもあった。とりあえず、イベントがらみだけメモ。

12日土曜日。野暮酒場が営業するというので行った。ひさしぶりの感じ。「川の東京学」について、非公式物産展の大村さんから、おもしろそうな提案があったので、チャレンジしてみることにする。

上野発23時20分ごろの電車で帰ろうとしたら、尾久駅で人身事故発生。京浜東北線で大宮、大宮から深夜バスという手があったが、酔っていて面倒なので、電車に座ったまま発車を待つ。けっきょく1時間半近くの遅れ。

13日日曜日。韓国の紀行作家・鄭銀淑(チョン・ウンスク)さんが来日中で、山下さんが飲み会をセットしてくれた。15時に大宮のいづみや。ほかに、某編集者夫妻。前夜、誘っておいた野暮酒場店主。

チョンさんとは12年の11月以来の再会、あいかわらずタフ。旅と酒と酒場と、あれやこれやの話をしながら飲む、飲兵衛かつ旅好きは楽しい。二軒目は東大宮の「李香苑」へ、さらに勢いにまかせて移動、入りたい酒場を求めて入れなかったり、ほっつき歩いたすえ、三軒目は蕨西口の「㐂よし」。タップリ飲んで、泥酔帰宅。

チョンさんも山下さんも、まだ西口やきとんへ行ったことがないというので、この翌日か翌々日、野暮酒場店主が案内して行ったようだ。めでたし。

おれは、来年早々にパスポートをとり、いつでも韓国へ行けるようにしておくべしといわれ、「はいはい」と返事をしてしまった。

14日月曜日。王子飲み会が、王子ではなく西日暮里で、18時スタート。今年は夏に、古さんの父上が亡くなられたこともあり延期、正月以来のことになった。おれを含め5名。もう一軒はしご。近々、山ガール西さんの新聞連載をまとめた山の本が出るらしい。

18日金曜日。毎年恒例、表参道HBギャラリーにおける牧野伊三夫展のオープニングの日だ。

19時半近くに会場に着いた。すでにオープニングパーティーの真っ最中。どうやら最初に青木隼人さんの演奏があったようだが、それははずしてしまい、ギターのそばに立っている青木さんを見ただけだった。いつものように大勢のひと、しかし帰ったひとも多かったようで、割とゆっくり作品を見ることができた。

この日は、四月と十月文庫の6冊目、牧野さんの画文集『僕は、太陽をのむ』(港の人)の発売日で、会場にも置いてあった。もちろん買った。本のタイトルは表紙カバーの絵のタイトルでもある。いかにも牧野さんらしい絵だし、カバー折り返しにある「毎朝の散歩の途中、太陽を食べるように大きく口をあけて深呼吸をする」という文も牧野さんらしい。

今回展示の絵を見て、これまでにない落ち着きを感じた。大らかで力強い、野性の意欲、太陽の魅力のようだ。毎朝の散歩の途中で太陽をのんでいる効果か。

20時過ぎ、二次会の会場へ移動。例年の会場の蕎麦屋が21時半閉店になってしまったので、スパイラルホール近くの居酒屋へ移動。2時間飲み放題コースで、とにかく飲んだ。

牧野さんは、あちこちに書いたり描いたり、ひとの本を出したりしているけど、自分の単著は初めて。うれしそう。そして、自分の本はできあがったので、いつのまにか四月と十月文庫のつぎの著者に確定してしまったおれに対するプレッシャーは増大。はいはい、やりますやります。

終電で泥酔記憶喪失帰宅。

『僕は、太陽をのむ』、まだ読んでいる途中だが、「音楽を描く」がおもしろい。なかには、絵を譜面に演奏するひとの話も出てくる。「絵」とか「音楽」とか「文学」とか、とかく区別して考えやすいが、それを包括するようなインターフェイスのこと、あるいはその隙間にあるようなことが、なんとなく見えてくる。

牧野さんがいう「蓄音描写法」は、なかなか深い。社会的に生きる人間としての描写や表現に関わるようだ。つまりは「生き方」と「働き方」や「人間関係」そしてコミュニケーションのことでもある。

19日土曜日。有馬さんと西日暮里いづみやで16時待ち合わせ。非公式物産展・大村さんからの提案の件の打ち合わせ飲み。「川の東京学」は、来年、さらにガツンとおもしろくなる予定。

西日暮里のいづみやは酒場放浪記に出たせいか、いつもとフンイキが違っていたが、とにかく安く飲めた。勢いで、町屋のときわ食堂の本店へ。ここもよく混む。なんとか2人座れて、飲む。やっぱり安い。

すっかり酔った勢いで、町屋で有馬さんと別れた帰り、北浦和で狸穴へ。オシャレからはほど遠い、怪しい入りにくい小さな店なのに、若い客ばかり。一人で飲んでいた女子大生と、「都市の隙間」についての話をしながら飲み、泥酔帰宅。「都市の隙間」は、大衆酒場や大衆食堂も関係し、なかなかおもしろそう。

といったところかな。この間に、いろいろ仕事もし、いろいろ酒も飲んだ。

当ブログ関連。
2012/11/23
来日中の鄭銀淑さんと北区王子で飲んだ。

|

« 『dancyu』1月号、特集「いい店って、なんだ?」に、歌舞伎町のつるかめ食堂を書いた。 | トップページ | 東京新聞「大衆食堂ランチ」38回目、方南町 やしろ食堂。 »