« ホッピー文化研究会編『ホッピー文化論』ハーベスト社の帯文を書いた。 | トップページ | 11月2日の「常磐線中心主義ナイトIII」は面白い楽しみな顔合わせだ。 »

2016/10/26

『理解フノー』にいただいた、お声。

今月初めから書店に並び始めた、港の人発行の四月と十月文庫7『理解フノー』は、おれとしては初めての食以外のジャンルの出版というかノン・ジャンルの出版で、どういう反応になるのか見当もつかない。

おれは名前だけで売れるようなライターではないし、絵を描いている田口さんも無名に近い。いったい、どんなぐあいになるのかなあと思っていたのだが、いまのところ、これまでと違って、書店さんからのコメントつきのツイートが多い。なんだか、心強い。

知り合いの書店の方もいれば、まったく存じ上げない方もいる。

お忙しいなか、書影まで撮影してのツイートがほとんど、どうもありがとうございます。

ということで、ここにまとめておきたい。書影とタイトルだけのツイートは省かせてもらいました。

なにしろ、各誌紙の書評欄などに紹介される可能性などゼロの本だから、みなさまどうかよろしくお願い致します。

◆荻窪の、Title(タイトル)‏@Title_booksさま。

生活するために、書く。そして食べる。その文章は地べたの視線から貫かれて、こうして読むと、とても品がよく感じた。文とは直接関係のない田口順二さんとの絵の交歓も何だか良い感じ。田口順二・絵 遠藤哲夫・著『理解フノー』(港の人/四月と十月文庫)

13:23 - 2016年10月25日
https://twitter.com/Title_books/status/790770744976224256

◆つくばの、中村友貴‏@c5yuukiさま。

港の人からエンテツさんの新刊『理解フノー』が到着。間に挟まれる田口順二さんの絵も味わい深い。

めしや食堂を語る“いつもの”エンテツ節は健在ながら、家族のことや自身の人生、仕事や老いについての文章を寄せた大衆食堂の詩人 遠藤哲夫のアナザーサイドとも言える一冊です。

10:41 - 2016年10月25日
https://twitter.com/c5yuuki/status/790729980539990016

◆渋谷・大盛堂書店 ‏@taiseidoの山本さまにはPOPまで作っていただいたので、その写真ツイート丸ごとここに埋め込みます。

◆北九州の、緑々あおあお‏@midoriaoaoさん。

『四月と10月文庫7 理解フノー』が入荷しています。
文はエンテツさん、絵は田口さん、いろんな意味で最強コンビ!(◎_◎;)

12:02 - 2016年10月16日
https://twitter.com/midoriaoao/status/787488951065903104

◆沖縄の、古書の店 言事堂‏@cotocotomikiさま。

「エンテツ」こと遠藤哲夫さんのエッセイ集『理解フノー』(四月と十月文庫)が入荷しました。 絵は田口順二さん。 「かわいいコワイ」を読んでいて、最後にふっと笑ってしまいました。 どこに行ったのでしょうね、形容詞。 四月と十月最新号の35号もまもなく入荷です。

17:01 - 2016年10月10日
https://twitter.com/cotocotomiki/status/785389823599050753

◆悪漢と密偵‏@BaddieBeagleさま。

"白黒つけない物の見方に納得、くすっと笑わせ、ときにほろり。美術同人誌「四月と十月」で2008年より連載の「理解フノー」に加筆、書き下ろしその他を収録":遠藤哲夫/田口順二『理解フノー』

"絵は「四月と十月」創刊以来の同人、田口順二。中学校の美術教師をつとめながら創作活動を続ける…カバー、表紙、カラー口絵含め30点を収録。様々な画材で画風も変化に富み、自身による言葉とともに、さながら小作品集の趣"

17:09 - 2016年10月5日
https://twitter.com/BaddieBeagle/status/783579832021942272

◆谷根千の古書ほうろう‏@legrandsnesさま。

定休日の昨日は、庭園美術館のボルタンスキー展と、gggでのノザイナー展へ。移動中の読書は遠藤哲夫さんの新刊『理解フノー』だったのですが、津波に飲み込まれた釜石の呑兵衛横丁の話が、ボルタンスキーが語る被災地の姿、ノザイナーの牡鹿半島での復興支援アクセサリーへと繋がっていきました。

というわけで、遠藤哲夫/田口順二『理解フノー』(四月と十月文庫)を読了。本日、店にもにも入荷しました! 敬愛するエンテツさんが語るその半生は、知れば知るほど底知れなさが増すばかり。「つまり十年ごとに、それまでの人生を「捨てる」のだ」という一節が、とくにズシンと響きました。

四月と十月文庫『理解フノー』は、30点ほど収録された田口順二さんの絵もとても好み。「楽器の練習2」という作品がなかでもとくに。以前小倉でご一緒したことがあるのですが、こういう絵を描かれる人だと知っていたら、また違った話もできたのかな。

23:26 - 2016年10月6日
https://twitter.com/legrandsnes/status/784037147875487744

◆池袋のポポタム‏@popotame_shopさま。

【新入荷】エンテツさんこと遠藤哲夫さん@entetsu_yabo の新刊『理解フノー』届きましたーイイコト書いててもエラそうじゃないなーエンテツさんのは良い、じゃなくて好いだな

22:34 - 2016年10月6日
https://twitter.com/popotame_shop/status/784024127908646912

|

« ホッピー文化研究会編『ホッピー文化論』ハーベスト社の帯文を書いた。 | トップページ | 11月2日の「常磐線中心主義ナイトIII」は面白い楽しみな顔合わせだ。 »