« 『料理人』の箴言。 | トップページ | 「立ち食いそば」の理解フノー。 »

2017/01/16

2月18日(土)、北浦和の居酒屋ちどりでトークをやります。

一昨日の夜は、北浦和の居酒屋ちどりへ行った。20時から、鈴木常吉さんとbutajiさんのライブ。ことしになって、初めての居酒屋ちどり、初ライブ。鈴木常吉さんはひさしぶりだし、butajiさんは初めて。butajiさんは20歳代後半らしい、常吉さんは60歳前半。2人とも絶好調でうたいあげた。

ライブもよかったが、ちどりさんから、狸穴の川上さんがエンテツさんとトークをやりたいと言っていましたよと言われたので、ライブのあと狸穴へ行くつもりだったから、ライブが終わったのが22時過ぎで、そのあと狸穴へ行った。

そして、その場でちどりさんとも電話で打ち合わせ、このトークが決まった。

これはもう、まちがいなくおもしろいトークになりますよ。

なにしろ、古本酒場「狸穴」の店主、ブラボー川上さんは、闇市本の快作『東京裏路地〈懐〉食紀行』を藤木TDCさんと著したひとだし、しばらくライター稼業は休んでいたが、最近は『散歩の達人』などでボチボチ復活中。店の古本棚もそうだけど、かれは、戦後の昭和大衆文化コレクターといってもよいひと。

ということで、2月18日(土)、北浦和の居酒屋ちどりさんで、やることが決まった。

スタートは20時、2000円+ワンドリンク。

「昭和の酒と酒場」という感じで、イチオウ、川上さんが聞き手ということにしているが、川上さんの話の方がおもしろいと思うから、おれもドンドン聞いてしまおうと思っている。

川上さんセレクトの昭和歌謡を聞きながら、いまどきの「昭和幻想」「闇市幻想」を蹴散らすような、生々しい昭和と闇市跡のトークになるか。

予約をよろしくね。→http://chidori.wpblog.jp/

それから、2月3日(金)は、経堂のさばのゆで、お囃子えりちゃんこと恩田えりさんと「理解フノートーク」ですからね、こちらもよろしく。
2016/12/21
2月3日(金)に「理解フノートーク」やります。

|

« 『料理人』の箴言。 | トップページ | 「立ち食いそば」の理解フノー。 »