« 「批評」と「品定め」「目利き」。 | トップページ | 新刊。お知らせ。 »

2017/04/16

30年前のままの駅前酒場@綾瀬の短冊メニュー。

021002

先日、綾瀬駅前の「駅前酒場」で飲んだ。野暮に連れられて初めて入った、コの字カウンターのみの酒場だ。

飲んでいるうちに、反対側のカウンターの壁に貼ってある、油汚れや変色の壁に同化して渋紙色を通り越した、やっと文字が読める状態の短冊メニューに気がついた。

「梅きゅう ¥300」と読める。

カウンターの中のおねえさんに写真撮ってもよいかと聞くと、よいと言う。

何年前のものだと聞くと、30年前の開店のときからだと言う。もとは駅の反対側の別の場所にあったのだが、移転しなくてはならなくなり、ここに移った、そのときからのものだと。

綾瀬といえば、駅の反対側の高架下に「三幸酒場」という、間口の広いカウンターだけのいい酒場があった。『続・下町酒場巡礼』(四谷ラウンド、2000年)で知ったのだ。

かつて南陀楼綾繁さんが『酒とつまみ』に「古本屋発、居酒屋行き」という連載をしていて、その取材におれはいつも同行しタダ酒を飲ませてもらっていたのだが、それで初めて行った。それから何度か行っているうちに閉店になってしまった。

いま調べたら、その「古本屋発、居酒屋行き」は、2004年6月発行の『酒とつまみ』第5号に載っている。連載の一回目だったのだ。

ついでに『続・下町酒場巡礼』も見た。

なんと、「三幸酒場」のところに、「目指すは「駅前酒場」。文字通り、駅から側道を入り、高架線のわきに「看板」があった。ただシャッターが降りていて、「暫く休業させて頂きます。」の貼り紙。小さな字で「会員の方は会長宅に電話して下さい」と添え書きもあった」とあるではないか。

続いて著者は閉店してしまったと思ったような書き方をしているが、たぶんこれは現在の店のことのようだから、何かの事情で「暫く休業」だったのだろう。

とにかく、この短冊メニューの醸す味わいは、その歳月がなければ出来ないものだ。それは、ここに集った人たちの人生のひとコマひとコマが、積もったり溶けたりしながら過ぎたものとも読める。

三幸酒場は、JRの再開発のためなくなってしまったが、同じような「駅前酒場」が残っていることは、うれしかったしありがたかった。というわけで、ここに来る前にもけっこう飲んでいたが、さらにボールを重ね泥酔帰宅だった。

|

« 「批評」と「品定め」「目利き」。 | トップページ | 新刊。お知らせ。 »