« 『創作』。 | トップページ | 「大衆食堂の詩人」の呼称はここから始まった。 »

2017/10/24

牛乳のグラスでビールを飲む。

021002

022001

大衆食堂の日常には、さまざまな景色が積み重なっている。

カップ酒の空のカップで水を出すところは、たまに見かけるが、これは記憶にない。

東京新聞の連載「エンテツさんの大衆食堂ランチ」9月15日は、横浜の埼玉屋食堂だった。

瓶ビールを頼んだら、「雪印ミネラル牛乳」の文字が印刷されたガラスのコップが一緒に出てきた。

ビールメーカーのコップが出てくることは珍しくないが、牛乳メーカーのコップは、たぶん初めてだ。

牛乳メーカーがこんなサービスをしていたのも忘れていたが、いつのものだろう。それに、あとで写真を見て気がついたのだが、「雪印ミネラル牛乳」の文字の裏側には、「北習志野販売所」とあった。

北習志野といったら千葉県だ。そこの販売所が配ったであろうコップが、東京を通りこして神奈川県は横浜の、埼玉県出身の人の店である埼玉食堂で使われている。しかも、ビールを飲むのにも使われている。

なんだか大衆食堂らしい物語のようで、またこのコップでビールを飲みに行きたくなるのだった。だけど、ここさいたま市からは遠すぎる。

うん、もしこのコップがうちにあったら、ボクはこれにワインを注いで飲むね。例のアルパカですよ。

当ブログ関連
2017/10/04
東京新聞「大衆食堂ランチ」59回目、横浜・埼玉屋食堂(カレーライス)。

016


|

« 『創作』。 | トップページ | 「大衆食堂の詩人」の呼称はここから始まった。 »