« 「文化の日」なんだって。 | トップページ | 埼玉県立近代美術館(埼玉近美)の「ソカロ」が面白い。 »

2017/11/04

「カニコーセン」初体験。

カニコーセンのうわさは、関西の人にきいていた。AZUMIさんのアルバム「夜なし」にも入っている「播州平野に黄砂が降る」は、カニコーセン(堤雅彦)の作詞作曲で、知っていた。

製鉄所の煙突は、粉塵をまきちらして
ガンメタリックな空の下、砂利運搬車はゆれている
国道沿いの風景は、中古車販売の輩が
さびた鉄パイプ、振り回し 朝からヨサコイの節回し

播州平野に黄砂が降る
ふらへんか、あっ、やっぱふるか、どっちでもええか

百均がねじこまれた あきらめムードの空き店舗
シャッター通りのマネキンが、目線を来世に向けている
国道沿いのシネコンは、どでかい映画をからまわし
どてらいバーガー店の波
安直な和解で受け入れた

播州平野に黄砂が降る
ふらへんか、あっ、やっぱふるか、どっちでもええか

やっと、そのライブに行けた。カニコーセンは、夫妻で子供を連れ、関西から新幹線でやってきた。

場所は、北浦和の居酒屋ちどり。きのうのブログ「「文化の日」なんだって」を書いてから出かけた。

19時スタート、立ち見もギュウギュウな混みよう。

予想以上にクソ刺激的な破壊と愛しさに満ちたライブだった。

「ヤギアキコのおまんこふやけるまでシャブりたい」

これが、新作CDのタイトルで、その文字をアレンジしてデザインしたトートバックも一緒の売り出し。

もちろん、ライブでも、「ヤギアキコのおまんこふやけるまでシャブりたい」もやって、このフレーズのリフレインは、一緒にうたわされた。みな小さな声で口ずさむようにあわせていたが、小さな声でも揃えば、波になる。

といっても、タイトルのどぎつさとちがい、大人になって幼い初恋を思い出すような、ほのぼのやさしさがただよう曲なのだ。

だけど、どのうたも、一筋縄ではいかない。アナーキーでパンキッシュ。コミカルだが、皮肉も痛烈。ブラックもホワイトもあります。酔ったり醒めたり。

気取った文化の日の綺麗事の文化を破壊しまくるようなライブ。いいライブだった。

「酔いがさめたらうちにかえろ」が最後だったような気がするけど、酔いがさめないうちに狸穴へ行ってさらに飲み、酔いがさめないうちに帰った。

今日、『雲遊天下』に堤雅彦さんが連載しているのを思い出し、引っ張り出して読みなおした。

「カニコーセンの事件は現場でおきてます」(「ます」は、正方形に斜線の絵文字)

日常のなかの事件事故。事件事故がなくても、事件事故になってしまう日常。

今週は、11月になって1、2、3と3日続けて北浦和へ行った。

|

« 「文化の日」なんだって。 | トップページ | 埼玉県立近代美術館(埼玉近美)の「ソカロ」が面白い。 »