« 「駄蕎麦」 | トップページ | 61回目、東京新聞「大衆食堂ランチ」は浅草・君塚食堂。 »

2017/12/11

1月14日は、下北沢の本屋B&Bでトーク。

1002

前に簡単に告知した、下北沢の本屋B&Bでの1月14日のトークについて、B&Bのサイトに以下のような告知が掲載されました。予約、よろしくね。

牧野さんとおれが、公開で「表現」について対談するなんて、これが最初で最後でしょう。

これは、四月と十月文庫8『仕事場訪問』牧野伊三夫の刊行を記念して行われるもので、この『仕事場訪問』は、表現を仕事にしている人や表現を志している人は、必読ですね。

もちろん、すべての「表現」は、「詐欺」に通じます。人びとを芸術とカネの前にひざまずかせよ!

http://bookandbeer.com/event/20180114_4gatsu10gatsu/

牧野伊三夫×遠藤哲夫 「四月と十月文庫をおおいに語る」
『仕事場訪問』(港の人・四月と十月文庫)刊行記念
絵や写真による表現、文章による表現、冊子や書籍の表現について。

『四月と十月』は1999年にスタートし、名前の通り毎年4月と10月に刊行される美術同人誌です。表紙から本文までモノクロ印刷を貫き通す頑固で一途な同人誌ではありますが、同人たちの作品からは自由で清々しい風が吹いてきます。
そして、2011年、この同人誌から単行本シリーズが生まれました。それが「四月と十月文庫」です。同人誌での連載をまとめたものや書き下ろしなどから成るこのシリーズは、今年10月に第8巻めである『仕事場訪問』が刊行されました。著者は、この同人誌の中心的存在、画家の牧野伊三夫さんです。
刊行を記念して、牧野さんとライターの遠藤哲夫さんの対談をおこないます。遠藤さんは、このシリーズ第7巻め『理解フノー』の著者。
四月と十月文庫のこれまでのラインナップを振り返りつつ、絵や写真による表現、文章による表現、冊子や書籍の表現についておおいに語り合っていただきます。

牧野伊三夫(まきの・いさお)
1964年北九州市生まれ。画家。1987年多摩美術大学卒業後、広告制作会社サン・アドに就職。1992年退社後、名曲喫茶でんえん(国分寺)、月光荘画材店(銀座)、HBギャラリー(原宿)等での個展を中心に画家としての活動を始める。1999年、美術同人誌『四月と十月』を創刊。著書に『仕事場訪問』『僕は、太陽をのむ』(港の人)『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)。『雲のうえ』(北九州市)、『飛驒』(飛驒産業株式会社)編集委員。

遠藤哲夫(えんどう・てつお)
1943年新潟県六日町(現・南魚沼市)生まれ。「大衆食堂の詩人」ともいわれ、通称「エンテツ」。著書に『理解フノー』(港の人)、『大衆めし 激動の戦後史』(ちくま新書)ほか。ブログ「ザ大衆食つまみぐい」。

時間 _ 15:00~17:00 (14:30開場)

場所 _ 本屋B&B

東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

入場料 _ 1500yen + 1 drink order

1makinoshigotobahoumon


|

« 「駄蕎麦」 | トップページ | 61回目、東京新聞「大衆食堂ランチ」は浅草・君塚食堂。 »