« 「四月と十月文庫をおおいに語る」トーク、盛況御礼。 | トップページ | 「食べるたのしみ」「食事のたのしみ」「料理のたのしみ」。 »

2018/01/18

齋藤圭吾写真集『針と溝』発行と写真展3ヵ所同時開催。

北九州市の『雲のうえ』などで一緒に仕事をしているカメラマンの齋藤圭吾さんの写真集『針と溝』が、本の雑誌社から発行になります(1月23日ごろ)。

同時に、明日19日(金)から、吉祥寺の「キチム」で写真展も開催。この本をデザインした『雲のうえ』編集委員でもある有山達也さんとの楽しいトークなどもあります。

よろしくね。

おれは、目下、3月に発行予定の仕事を齋藤さんや有山さんとやっているのだけど、齋藤さんは、少し照れながら「じつは、いわゆるオーディオマニアっていうのかな、あれなんだよね」とか言っていた。ま、カメラマンにはメカ好きや凝り性が多いから、おれは驚かなかったけど、この写真には、ビックリですよ。

本の雑誌社のサイトにある案内、写真も載っています。
http://www.webdoku.jp/kanko/page/4860114094.html

息をのむ美しさ、音が生まれる瞬間──

「ダイヤモンドというと心がときめく女性と違って、レコード好きの男は「針」を連想しますね。この針と溝の写真集はマニアを通り越したものですが、特にレコードの溝を接写レンズで撮った写真はどきどきするほど美しいです。」(ピーター・バラカン)

レコード盤に針を落とす。盤が回り、針が溝に刻まれたジグザグをなぞると、音が生まれる。始めから終わりまで、一本の溝を針は走り、リズムやメロディーを奏でる。線路を走る列車のように。

ダイヤモンドやサファイアから成るレコード針(stylus)と、様々なジャンルの音楽が刻まれたレコードの溝(groove)。

宝石が溝に触れ、なぞる、擦る、震える。

官能的な音が生まれる瞬間をマクロ撮影。
聴くでもなく語るでもない、肉眼では見えないはずの音を見てみようと試みた前代未聞の写真集。

以上。


齋藤さんは、ほかにも同時に、吉祥寺の本屋「一日」でも「百日」でも写真展を行います。

「一日」では、1月17日(水)~29日(月)、以前に清澄白河のギャラリーで開催したことのある写真展「melt saito keigo」。この写真集を手作業で製(つく)った、立花文穂さんと齋藤さんの「写真を撮る本を製(つく)る」というトークもあります。

「百年」では、1月17日(水)~2月5日(月)、「花暦 INTERVIEW WITH PLANTS」展。『花暦』は、『ボタニカ問答帖』(瀬尾英男・文/齋藤圭吾・写真、京阪神エルマガジン社)の続編だそうです。

詳しくは、それぞれのサイトをご覧ください。

まあ、しかし、こんなに一度に写真展をやって……けっこう、けっこう。

吉祥寺に出かけたときには、それぞれ近い場所だから、グルリまわって見るのもいいかも。

以前の「melt saito keigo」展は行って当ブログに紹介した。
2015/02/16
齋藤圭吾写真展「melt saito keigo」。

|

« 「四月と十月文庫をおおいに語る」トーク、盛況御礼。 | トップページ | 「食べるたのしみ」「食事のたのしみ」「料理のたのしみ」。 »