« 2018年4月 | トップページ | 2018年12月 »

2018/05/21

長寿健康自然志向系飲食の扱い方。

1001

1006_2

2018/03/30「座・高円寺の広報紙、フリーマガジン「座・高円寺」19号の特集は「高円寺定食物語」。」に載っている食堂をボチボチ紹介している。

今回は、「こうじ料理・酵素玄米のお店」を謳っている、「つる来」という食堂だ。
http://tsuruki-kouji.com/

大雑把には、マクロビ系オーガニック系ということになるだろうか、とりあえず「長寿健康自然志向系」ということにしておく。

おれは、1980年代の中ごろから、この分野で熱心な人たちと付き合いはじめ、有機栽培系の生産者が活躍していた山奥の産地で暮らしたこともあり、1990年頃は、当時は「マクロビ」という言葉は使われていなかったが、そういう食事を数か月ばかり続けた。正確には、「自然農法」に取り組む家族の家に、なかば「下宿」して仕事をしていたので、そういう食事を頂戴していたのだ。そのあと東京で1年ほど玄米食と続けたことがある。

その後は、以前と同じように、普通の食事をしている。

近年になってからは、このマーケットが注目されるようになり、調査を請け負ったりした。前にもこのブログに書いたことがあるが、この方面に多少の知識はある。だけど、お店を取材をして書くのは初めてだった。

こういう飲食や飲食店をめぐっては、いろいろな話があるし、また実態も様々なので、実態把握も伝え方や表現が難しい。

とりあえず、今回は、一般的な食堂と一緒に載ることでもあるし、つる来のような飲食店こそが「いい飲食店」という印象が増大する方向へ加担することは避けたかった。

というのも、飲食や料理に正統性や優越性を求める結果、「長寿健康自然志向系」は正しく優れていて、それを扱う人たちは研究熱心で志や意識が高く正しく優れているという印象が増すことで、一方では一般的な普通の食事やそれを提供する仕事に関わる人たちが低く評価されたり見下される位置に立たされることがあるからだ。

以前、何かのテレビのそういう番組を見ていた食堂の人と客が「おれたちはどうせ邪道の人間だからね」と自虐的冗談をとばしているのを聞いたこともあるが、似たようなことに何度か遭遇した。

とかく、メディアサイドで仕事をしている人間は、いい気になりやすい。そこから生まれた表現は抑圧的になりやすいし、単なる同調や、ともすると屈折や反発を招きかねない。より正確な認識と理解のさまたげになる。

それからもう一つは、「つる来」が提供する玄米食は「長岡式酵素玄米」というものだが、これを「宗教」と見ている人たちもいるようで、それは「長岡式酵素玄米」そのものについては正確な認識ではないだろうということだ。

だいたい「宗教」だからと否定することそのものがおかしい。「政治的」「思想的」「宗教的」だからと否定する妙な風潮があるのも問題だろうけど、それはともかく。

「長岡式酵素玄米」は炊いた玄米の発酵に特徴があり、つる来は、ようするに、おかずも含め発酵を活用している店なのだ。そこで、「長岡式酵素玄米」について説明したあと、このように書いた。

「「発酵食品」というとカタイ感じだが、納豆、みそ、しょうゆ、かつお節など、昔からなじみ深い。ただ、工場生産によって発酵の仕組みも変わった。そこで、手ずからの発酵料理に関心が集まっているようだ。「自然派健康志向の定食」といってしまうと、これまでは「健康度外視定食」のようだが、そういうことではない。健康や幸福についての考え方が様々になったのだ。お互い認め合い、おいしさたくさんあったほうが楽しい。というのは、筆者の考えなのだが」

おれはもともと、飲食に正統性や優越性は求めていない。また、つる来の店主も、正統性や優越性を主張しているわけではないし、押しつけがましさはない。自分の健康な生き方への関心に従っているだけなのだ。

ところで、飲食店の商売は立地に左右されやすい。

「こういう定食は、都内でもまだめずらしい。それが高円寺にある。つる来は早稲田通りにあって、駅から少し離れているからか、価格の面でやりにくいこともあるようだ。ある意味、「安い高円寺」でのチャレンジともいえるか。遠方、名古屋などからのお客さんもいるそうだし、高円寺の定食の魅力がふくらむ可能性も感じる」

優劣より、事実を全体的な視点で歴史や社会(地域)に位置付ける。それは、ライターの仕事で、肝心なことかな。

当ブログ関連
2018/04/28
「高円寺定食物語」の天平。
2018/04/05
「高円寺定食物語」の伊久乃食堂。

1014

|

2018/05/11

東京新聞連載「エンテツさんの大衆食堂ランチ」66回目、池袋・うな達。

1201804

昨日が今月掲載分の締め切りで、そういえば、先月掲載分をここに紹介してなかったのに気が付いた。近頃は、新聞の朝刊に掲載になると、昼頃にはWEBサイトにもアップされ、それを東京新聞の二つのツイッターがツイートするから、それをリツイートし、あとは忘れてしまうことが多くなった。気をつけよう。

こちら、東京新聞のサイトでご覧いただける。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2018042002000181.html

店名の通り、もとはうなぎ料理だが、居酒屋大衆食堂化している。曜日によって違うランチをやっていて、とくに金曜日のカレーライスが人気なのだ。「大人気」といってもオーバーではない。

1015すでにメディアにも何度か登場し、小野員裕さんも取材しているし、おれがロケハンに行った日もテレビの取材が入っていた。

盛りがよいうえに430円という安さもあってだろうか、11時半の開店には行列ができていて、開店してからは、お店の人は大忙しとなる。

とくにカレー鍋の前の店主は、鍋をかきまわしたり盛ったり、一つの鍋があくと作ってある次の鍋を前に置き、とにかく身体を動かし続けだ。

カウンターと座敷あわせて40人ほど入る店内は、全員が同じカレーライスを食べている。しかもみな馴れた注文の仕方で、「なみ」「なみ、あかぬき」「ちゅう、あか」とか叫ぶ。

こんなカレーライスの景色は初めてだ。

1011作業服やスーツや制服姿の男女が入り混じり、気取らず楽しそう食べている風景が、とてもよい。学校給食でも思い出すのかな。

しかし、カレーライスというのは、おもしろい食べ物だと、あらためて思った。

ここのカレーは、昔の黄色いカレーのバリエーションといえるが、甘さと辛さの混ざり具合は、かなり独自のものだ。辛いのが苦手の店主が作り上げたのだそうで、甘い、いや、やっぱり辛い、いや甘い…甘さも複雑、辛さも複雑、あわせてさらに複雑、という感じが続く。

夜の居酒屋タイムも混雑するらしい。こんど行ってみたい。

1003

おれが食べたのは「並」だが、たっぷり大盛りぐらいあった。

1002


|

2018/05/09

気分と空気とコミュニケーション。

前のエントリーは先月28日だった。ツイッターも見たら、前のツイートは先月28日だった。ゴールデンウィークだからと休んでいたわけではないが、結果的にそうだった。休みの空気に気分がのまれたのだろうか、書く気分じゃなかったのだな。たぶん。もともとたいしてやる気があってやっているものじゃないし、メシのような習慣性はないから、気分に左右されやすい。そして気分は空気に左右されやすい。

とにかく、この間に、なにかしらの仕事もしたし、それ以上にグダグダしたし、けっこう歩いたし、あれこれ読んだ。

読んだ中に、おもしろいものがあった。書店でもらってきたままほったらかしになっていた出版社などのPR誌の一つ、紀伊国屋書店の『スクリプタ』1月発行の号だが、吉川浩満の「哲学の門前」の6回目「ディス/コミュニケーション(2)」が、すごくおもしろかった。

「コミュニケーション」って言葉は、もう空気のように流通しているけど、おれの人生では30歳ぐらいからの言葉だ。1970年代前半、まだ言葉としては一般的ではなかった。

おれはいまでも覚えているが、当時、「食はコミュニケーション」てなキャッチフレーズを見て、なんだコミュニケーションって、と思ったぐらいだ。

いまでは空気のように流通しているけど、その意味や概念は、どうなのだろう、ちゃんとわかっているのだろうか。と、たまたま、少し前に、第一次世界大戦が気になり調べていたときに、欧米の連合国側では「オーガニゼーション」と「コミュニケーション」が戦争の勝敗を決する重要なテーマになっていたことがあるとわかったのだが、その言葉の使い方が、英語がよくわからないこともあって、どうもいまの日本での使われ方と違うような感じが残り、気になっていた。

吉川浩満は、近年よくネットで流通している「コミュ障」に注目して、コミュニケーションを明らかにしている。つまり「この言葉のプリズムを通すことで、ふだん私たちがコミュニケーションなるものをどのように考えているのか、それをどのように用いているのかの一端を示すことができそうに思えるからです。私たちが暮らす社会の一側面を照らし出すことにもなるかもしれません」ということなのだ。

ある言葉を置いて、それをプリズムにしたり鏡にしてモノゴトを見るという方法もおもしろいのだが、とにかく、「コミュ障」と「コミュニケーション能力」や「コミュ力」という言葉の使われ方を調べ、4つのポイントをあげ、検討を加えている。

ヤマは、ここだ。

本来なら、コミュニケーション能力は、「人がもちうるさまざまな能力のひとつにすぎない」はずだが、それとは対照的に、「コミュ障」は「「あいつコミュ障あるよな」ではなく「あいつコミュ障だよな」こそ正しい用法です。コミュ障というのは、人そのもの、人の全体にたいして貼られるレッテルなのです」

なぜそうなるのか、私たちが暮らす社会の一側面が浮かびあがる。

「現代日本でコミュ力と呼ばれているものは、じつのところコミュニケーション能力とは別のなにかなのではないか、そう私は疑っています。むしろそれは場のノリに同調したり支配したりする能力、組織集団の権力構造に適応する能力ではないかと」

自分の意見を押し通す能力のある人間がコミュニケーション能力があると認識されてきただけではないか。

ってことで、「KY」なるもの「空気」という言葉をヒントに考える。ここで、「空気こそ、長いあいだわれわれを生かしも殺しもしてきた日本の宗教だからです」と指摘するのだが、これには注があって、山本七平『「空気」の研究』文春文庫1983年があがっている。山本七平がそんなことを書いていたとは知らなかった。

「場を支配する空気を読めない者がKYでありコミュ障であるとするならば、日本社会は少なくともこの点にかんしては戦前となんら変わっていないことになります」

そこでおれは、第一次世界大戦で「オーガニゼーション」と「コミュニケーション」に取り組んだ(取り組まざるを得なかった)欧米連合国と、連合国でありながら主戦場から遠く離れていたこともあってか、戦勝国になりながら「オーガニゼーション」と「コミュニケーション」について旧態依然だった日本について、思い当たることがあった。

それはまあ、食文化に関わることでもあるし、現在の食をめぐるさまざまについて、なかなか議論が深まらないことにも関係があるだろう。

そういえば「食文化」という言葉も、1970年代前半ぐらいから広く流通するようになったが、どのように理解されているのだろう。多分に空気的であり気分的ではないだろうか。

「二十世紀は組織の時代である」「いまや組織なしの社会など考えられないくらいである。しかし、人類の長い歴史の大部分を通じて人びとは自己の欲求を個人で満たしてきたのであって、このような組織社会になったのはごく最近のことでしかない」って述べたのはフィリップ・コトラーさんであるけど、もう21世紀。なのに、食とコミュニケーションのことを考えても、二十世紀以前の問題がたくさん転がっている。

日本は19世紀が資本主義の衣を着ている、とかおっしゃった人がいたと思うが、そういうオコトバはその通りでも何の足しにもならないしなあ。

自己の欲求を個人で満たす(自分の意見を押し通す)レベルをこえ、「食べる」という日々のことから、もっとオーガニゼーションとコミュニケーションを考えていきたいものだ。

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年12月 »