« ぼやきトーク、どうしてこんなに均一化しちゃったの。 | トップページ | これが間違えられた「普通」の実態か。 »

2018/10/07

なぜだ~、「普通」と「均一化」。

昨日のエントリーに書いた「とくに、近ごろの外食店はうまくなっているんだけど、どこも同じようなうまさで、想像がつくようなうまさで驚きがない、個人店までがそうなっている。これはヘンだ、なぜこんなに均一化しちゃったんだろうということをめぐる話で盛り上がったが、このことについてはもっと考えたいし、もっと話しあいたい」といったことをツイッターでつぶやいたら、小田さんから、このような返信があった。

「俺たちはどんな要素も、結局「音楽」で考えてしまうんですが、これと同じことが15年くらい前からどんどん進んでいると感じています。あと、やっぱ「当たり前の普通さ」と「均一化」とは全然違うものだな、と」
https://twitter.com/mapupnews/status/1048550121246404608

「俺たちはどんな要素も、結局「音楽」で考えてしまうんですが」という小田さんは、食堂一筋ではなく、多彩な活躍をしている。スペクテイター42号「新しい食堂」によると、「元音楽雑誌編集者。自ら音楽誌『map』を創刊(現在3号まで)、同時に、トクマルシューゴ、二階堂和美、かえる目、popoなどの個性の強いミュージシャンたちのCDをリリースするレーベルcomparenotesを運営中。学生時代からパンク/テクノ系バンドで活動し、その後、インディペンデントな音楽/出版業界に身を置いていた」

おれは近ごろ、60年代後半、フォークやロックが盛んになったころからの音楽と食文化の関連が気になっていて、トークのときもその話になったが、時間が足りなくてちょっとだけで終わった。

とにかく「やっぱ「当たり前の普通さ」と「均一化」とは全然違うものだな」という点は、大事なことで、おれは、ツイッターでつぎのように返信した。

「そうですね、「普通」や「スタンダード」は間違って理解されていることが多いようです。普通/特別、均一化/多様化で、違う軸のことのはずなのに、なぜだ~。音楽のこと疎いんですが、食文化とも関係ありそうで気になっています。などなど、またトークをやれる機会があったらなと思っています」

おれは前から「普通にうまい」や「近代日本食のスタンダードとは何か」といったぐあいに、けっこう「普通」や「スタンダード」という言葉を使っているのだが、この言葉が間違って認識されたり理解されていることを何度も痛感している。そのたびに、なぜだ~、なのだ。

だいたい、「普通」は「均一」どころか、人間は多様が普通なのだ。十人十色というじゃないか。同じ方向を向いて均一化するなんて「異常」だよ。

|

« ぼやきトーク、どうしてこんなに均一化しちゃったの。 | トップページ | これが間違えられた「普通」の実態か。 »