« 『台灣漬 二十四節気の保存食』(種好設計著、光瀬憲子訳、翔泳社)で暮らしを考える。 | トップページ | 産業化と市場化、「かんだ食堂」など閉店の事情。 »

2019/11/05

「ザ大衆食」のサイトのリニューアルが少し進んだ。

いつごろだったか、SNSは、おれのテーマや目的とはあまり相性がよくないなと気が付き、やはり初心にかえって「ザ大衆食」のサイトを充実させようと思ったのだが、なにしろ2002年の4月から、ちゃんとしたツリーのシステム構築なんぞ考えずに、思い付きの成り行きのクリック地獄でやってきたものだから、もうゴチャゴチャしすぎてどこから手を付けてよいやら状態だった。

めんどうだから放り出したり、またやってみたり、いじっているうちに、どうやら突破口が見えてきた。とりあえず、「ザ大衆食」の中の「ヨッ大衆食堂」のページだけは、トップからリンクをたどれるようにし、それぞれの大衆食堂までにいたる中間の「もくじ」にあたるところまでは、整理がついた。と、自分では思っている。

あとは、それぞれの大衆食堂のページをつくり、もくじとリンクでつなげばよいのだ。

しかし、しばらくのあいだブログにチョチョッと書いては、サイトの方は放っておいたから、ずいぶんたくさんの大衆食堂のページをつくらなくてはならない。

おれは蒐集癖はないし、大衆食堂全国制覇!なんてことは趣味じゃないから、成り行きで入った食堂ばかりだが、それでも、「もくじ」を見てもらえばわかるが、東京新聞の連載が7年も続いたりで、なんだかんだけっこうな量になった。

これを、アーカイブスとして活用できるようにすればよいのだが、そこまでする意欲も根性もない。

ま、でも、作業はすすめやすくなったから、コツコツやるとしよう。

しかし、これ、「ヨッ大衆食堂」のコーナーだけなんだよなあ。まだほかに4つもコーナーがあるし。

生きているうちにやれるのか。

それにしても、すいぶんたくさんの大衆食堂がなくなった。でも、ほかの壊滅状態の物販の小規模経営店に比べたら、よく残っているともいえる。

こちら、ご覧ください、クリック地獄!

|

« 『台灣漬 二十四節気の保存食』(種好設計著、光瀬憲子訳、翔泳社)で暮らしを考える。 | トップページ | 産業化と市場化、「かんだ食堂」など閉店の事情。 »