« 「塩と食のお話」で「塩にぎり」。 | トップページ | 癌治療一回目。 »

2020/04/16

東京新聞連載「エンテツさんの大衆食堂ランチ」89回目、押上・いこい食堂。

2020221

2020/04/01「東京新聞「エンテツさんの大衆食堂ランチ」は休載。」に書いたように、今月から休みをいただくことになった連載だが、このブログには未掲載の2月と3月の分が残っている。

今日は、2月21日朝刊の、いこい食堂だ。すでに、東京新聞のWEBサイトでご覧いただける。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2020022102000178.html

いこい食堂は、2007年12月に初めて取材で訪ねた。その頃のことは、ザ大衆食のサイトに載せてある。
http://entetsu.c.ooco.jp/s2/sumida_ikoi.htm

2000年代の前半、墨田中学校へ仕事でよく行っていた。いつも押上駅の押上側を利用していたから、押上食堂があるのを見つけ、何度か利用したし、この連載にも登場している。

押上食堂があった一角は、東京スカイツリーが出来てからの「観光地化」の荒波をかぶったかっこうで、そのブロックごと姿を変え、押上食堂も閉店、いまではその片鱗すら見つけることが難しい。

いこい食堂は業平側にあるので、存在を知らなかった。たまたま2007年の春に、前を通る機会があった。

東京スカイツリーが出来て、押上駅周辺は大きく変わったが、おれが墨田中学校へ行くようになった頃は、まだそこに出来ることは決まっていなかったと思う。だけど、六本木などの都心に便利ということもあって、工場地帯だった街は住宅地に変貌しつつあった。

最初の頃は、家賃の安い土地柄として、都心に通う外国人労働者の姿も多く見られた。六本木あたりの派手な夜の低層を支える、アフリカ系?労働者が多いといわれていた。

しだいに工場は大小のマンションに建て替えられ新住民が増え、外国人低層労働者は押上より奥へ移動し、そして東京スカイツリーが出来て、押上駅周辺だけは「観光地」へと変わった。

労働者の食堂だった押上食堂もいこい食堂も、そういう変化の中を生きてきた。

いこい食堂の「名物」は、種類豊富な500円定食だ。初めて行ったときから、いまでも続いているのだが、いつから始めたのかを聞いてなかった。とにかく、いこい食堂の主人が食堂を始めた1960年頃は「工場しかなかったよ」という、労働者の街の歴史を語っているかのような500円定食だ。

かつては工場労働者、いまでは「オフィス」と呼ばれるところで働くスーツ姿の労働者の胃袋を満たしている食堂なのだ。工場地帯だろうと観光地だろうと、そこで働く労働者がいなくては成り立たないし、その胃袋が日常無理なく満たされなくては、世間はまわっていかない。

今回訪ねたのは、2月7日だった。新型コロナウイルスが大きなニュースになりつつあったが、日本のニュースの中心は豪華クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での感染あり、「他人事」というほどではないが、流れはなんとなく開催が近づいている東京オリンピックに向かって動いていて、それほど緊迫感はなく、東京スカイツリーは通常通りの営業をしていたし、外国人観光客の姿も多かった。

いこい食堂では、1時半すぎても、店内はにぎやかだった。若いスーツ姿の男たちのグループが食事をし、おれのような老人がカウンターでポツリポツリ一人めしを食べているなかに、一人旅らしい外国人観光客がパラパラいた。

カウンターには、かつてはなかった、ローマ字のメニューがあった。

2月21日の掲載紙の新型コロナウイルス関連は、やはり「ダイヤモンド・プリンセス」ばかりがクローズアップされていた。世間は、大きなイベントの中止や縮小など一部で警戒が強まりながらも、圧倒的に通常運転の気分だった。

3月11日、「WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と述べて世界的な大流行になっているとの認識を示した」。3月14日現在、日本で新型ウイルスの感染が確認された人は1400人を超え、死者は29人となっていた。3月15日、安倍首相は首相官邸における記者会見で、「この感染拡大を乗り越えて、オリンピックを無事予定通り開催したいと考えています」と述べた。じつに楽観的だったといえるだろう。それは、多くの国民の気分だったかもしれない。東京オリンピック2020の延期が決まったのは、3月24日だった。

半世紀以上の歴史があるいこい食堂も、かつて経験したことのない荒波の中に違いない。大衆食堂は、敗戦の焼け跡から、力強く立ち上がったのだが、現在の状況は「焼け跡」より始末の悪い面をはらんでいる、ともいえる。

Cimg4915

Cimg4923

当ブログ関連
2020/04/01
東京新聞「エンテツさんの大衆食堂ランチ」は休載。
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2020/04/post-f88b3b.html

| |

« 「塩と食のお話」で「塩にぎり」。 | トップページ | 癌治療一回目。 »