« サラダ。 | トップページ | これからの台所をおもしろくするには。 »

2020/07/10

高額療養費支給申請。

おれは75歳以上が組み込まれる後期高齢者医療制度の支配下にある。

この制度、よく調べたことはないのだが、送られてくる文書を見ると、発信人は「埼玉県後期高齢者医療広域連合」であり、その「長」なのだ。

国民健康保険だったときは、「さいたま市長」だった。「保険料」ではなく「保険税」だったし、市役所の担当課は保険年金課国保係だ。後期高齢者のほうはというと、「保険料」であり、保険年金課福祉医療係。このちがい。

そのあたり詳しいことは知らないが、埼玉県後期高齢者医療広域連合から、おれが4月に払った医療費が「高額療養費」に該当するからと、「後期高齢者医療高額療養費支給申請書」が送られてきた。やたら漢字で長い。

通知の文章が「高額療養費に該当されている方に送付しました」と、じつに客観的な事実だけなので、おもしろいな~とおもった。

ま、事務文書だからね。それにしても「高額療養費が支払われます」とか「支給されます」といった文言はない。該当するから申請書は送る、あとは勝手にせよ。申請書出せば、支給する。ああ、そうですか。

あまり申請をやる気が盛り上がらない文章なのだが、しかし、いくらでもいい払った金が戻ってくるということだから、やりますやります書きます書きます、早速申請書類を整えて送った。

4月の医療費は、CTスキャンやMRIを含む精密検査があったうえ、入院と簡単な手術もあったから、4万数千円ぐらい払っているとおもう。一割負担で、これだからね。

ただでさえ仕事がない売れない貧乏ライターなのに、この病気とコロナ禍でますます苦境。収入は途絶え、わずかな貯えもさみしくなるばかり。

世間には、癌をネタに何か書いて稼いでいる人もいるようだから、おれも真似てみようかとおもったが、もう癌なんか珍しくないし、もともとネームバリューがあって成り立っていることだ。おれのような無名者では、はなから出版社が相手にしてくれない。

しかも、おれの日常は「闘病」というほど激しく険しいものではなく、いたって普段通りの平凡。家事をやりながら、決められた薬を決められたように飲み、28日ごとに病院へ行き検査をし診察を受け注射を打ってもらうを、淡々と繰り返しているだけだ。

残念ながら、人びとが野次馬根性や嗜虐的な心をふるわせてよろこびそうな感動ポルノ的なネタなどない。

ステージ4なのになあ。みかけは、ちょっと元気すぎて、深刻さにも欠ける。

とにかく、いくら支給されるのか、振り込まれてみないとわからないのだが、どうせ治療費に消える自転車操業、フトコロはさみしくなるばかり。人生最後の坂を転がり落ちる。ゴロゴロゴロ……。

|

« サラダ。 | トップページ | これからの台所をおもしろくするには。 »