« ヒッピー祭り(『散歩もの』作=久住昌之、画=谷口ジロー、扶桑文庫)。 | トップページ | 「食べることを食のマウンティングから切り離したい」 »

2020/08/14

癌治療5回目。

「警戒アラート」というのは、情報は発するが対策の責任はとらない、個人の責任で対処せよということのようで、違和感がはなはだしい。

そりゃまあ、個人の対処は当然あるだろうが、それで「公」の責任がなくなるわけじゃない。そこんところを知らん顔するから、おかしいのだ。戦時の空襲警報の頃だって、警報を出す一方で、無力とはいえ「応戦」ぐらいはしていたのではないか。

「命にかかわる危険な暑さ」という情報を流して終わり。この表現、いかにも「客観的」ですばらしく傍観者的だ。官僚的、無責任根性丸出しではないか。こんな「体制」に飼いならされながら生きるより仕方ないのか。

前日には気温が38度か39度になるという予報が出て、「命にかかわる危険な暑さ」がいわれ、「熱中症警戒アラート」発せられていた今週8日の火曜日は、5回目の通院治療日だった。

先週の火曜日のCTスキャンの結果をもとに、これまでの治療法とこれからの治療法を確認するのだ。

「検査(調査)」→「実態把握」→「対策」→「実行」は、アタリマエだろ。実行は記録を残し、それらをもとに、効果の確認や検討や新たな処方も、アタリマエだ。そんなことも通用しにくい世になったが、おれの癌治療は、アタリマエに忠実に進んでいる。

朝から暑かった。病院に着いたのは10時ごろだったかな。水を飲みながら歩いて、すでに汗びっしょりだった。

例によって、入り口で新型コロナ感染対策の消毒と検温。外来の自動受付をすまし、まいどの採血と採尿は15分待ちぐらいですんだ。これは幸先ヨシッと思ったのだが、診察待ちは大混雑で、予約の11時40分を30分以上すぎて、ようやく。

迎える主治医の様子から、「順調」だなと思いながら椅子に腰をおろす。今回は、約3か月の治療の「総括」だ。

まず血液検査による癌の数値は、治療前には150だったが、6月16日の検査で基準値の4を下回り1.26に、7月14日は0.77、今回は、0.57だった。

前々回、肝臓の副作用が出たので、癌対応の治療は注射だけにして飲み薬はやめ、肝臓の薬にしぼった。それでもこの数値なので、癌対処の飲み薬はないままでいけそうだ。

肝臓の数値は、大幅に改善されたが、まだ基準値から1.1~1.5倍あるので、肝臓の薬だけは続け、基準値内にしておいたほうが今後のためにもよい。癌対応の治療効果のためにも、肝機能が大事なのだ。ナニゴトも局所対策だけではうまくいかないのと同じ。

CTスキャンの画像、身体の中のカタチがアニメのように動くのが、面白い。

患部の様子が見える。治療の前、3月31日の画像では、患部全体が星雲のように広がっている。その中からしだいに、点が見えてくる。そして、まわりの雲は晴れ、もとの癌の点、小さな「太陽」が、いまでは孤立しクッキリ見える。数値だけではなく、目に見えて患部が縮小しているのがわかる。

問題は、転移だ。

肺と骨に微小の転移があった。かなり注意して見ないとわからない。

転移抑制の注射は、肝臓対策のために1か月遅れて前回からだったが、それでも効いているようだ。

肺のほうは、このままの治療で消えるだろう、骨のほうは難しい。普通は骨が硬化するのに軟らかくなっている。このままの治療で、おそらく抑制はできるから、注射を続けなが様子を見ましょう。

主治医の話は、面白い。

癌にも個性があって、一つ一つ、まったくちがうらしい。コイツは、どんな好みで、どんな動きをするのだろうなどを観察しながら治療法を考えるのだ。

「この転移はね、癌細胞が血液にのって漂流し、好みの食べ物がありそうなところにパッと止まるところから始まるのですよ」

主治医は、まるで飼っているペットのことのように話をし、つられておれも「おれの癌」が愛おしくなるのだった。

ってことで、治療は、飲み薬も注射も前回の継続となった。つまり、肝機能対処の飲み薬2種、注射は腹部に癌対処、腕に転移抑制。あと、3日間だけ注射の副作用抑制の飲み薬も前回と同じ。

中央処置室で注射をうち、会計をすまし、ド炎天灼熱の外へ。

薬局に寄って、帰宅は13時半だった。

癌の対策は処方にしたがって順調だが、新型コロナと熱中症のほうは処方なしで新規感染者も重症者も拡大中。どうなることやら。

「警戒アラート」は、政府や政府追随のマスコミに向かって発しなくてはならないのではないかな。なにしろ、この暑さの中、朝顔と打ち水でオリンピック・パラリンピックをしようとしていた連中だからねえ。延期の来年も、そのつもり?

2020/08/04
3か月ごとの検査(CTスキャン)。
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2020/08/post-5e1572.html

2020/07/15
癌治療4回目。
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2020/07/post-10a395.html

|

« ヒッピー祭り(『散歩もの』作=久住昌之、画=谷口ジロー、扶桑文庫)。 | トップページ | 「食べることを食のマウンティングから切り離したい」 »