« MRI検査の結果。癌細胞が冷凍状態になった。 | トップページ | 癌治療7回目。半年ぶりに酒を飲む。 »

2020/10/02

いまさらながら残念、坪内祐三。

前に坪内祐三の訃報にふれて思い出したうろ覚えのこと、何の本にどんな風に書かれていたのだっけ、思い出せなくてしばらく気になっていたがいつの間にか忘れ、このあいだ図書館へ行ったとき坪内祐三の棚の前で、そうそうと思い出し、適当に本を取り出してパラパラ見ていたら、あった。

その見開きだけ、コピーしてきた。

「『東京人』といえば、バブル景気がまっ盛りだったその頃、私は、『東京人』の編集者として、一つのルポ企画を考えた。/もうすぐクリスマスが近づこうとしていた。その当時、若者たちのクリスマスイブの夜の過ごし方を、雑誌が煽った」

「特別ではない大学生たちも、当時話題のベイ・エリアのお洒落なシティホテルでその夜を過ごした」「都内の高級レストランやバーで、その夜を共にするカップルはたくさんいた」

そう、あのバブルの頃は、おれはもう40半ばのおじさんで、そういう若者たちを妬み「「性夜」になってしまった「聖夜」」を嘆き悲しんでいた。キリスト教なんか知ったことじゃなかったが。

坪内祐三は、

「しかし、そんな若者だけ(「だけ」に、傍点)ではないだろうと私は思った。/昔のように、あまり金持ちでない(つまり、バブルの恩恵にあずかっていない)、若いカップルもきっといるはずだ、と私は思った。そしてそういうカップルは、しかしクリスマスイブの夜のささやかな幸福を求めて、例えば、後楽園のアイススケート場にいるかもしれない、と私は夢想した」

だけど、その企画は実現しなかった。

ライターに声をかけたけど、相手にされなかったのだ。

その頃のフリーライターは、バブルの恩恵に大いにあずかっていて、編集者の誘いだからといってとびつくようなことはなかった。たぶん、恩恵のある方だけを見ていたにちがいない。消費扇動のマガジンハウスの雑誌とは違う傾向だった『東京人』あたりに群がるフリーライターでもそうだったようだ。

この話は、『東京』(太田出版2008年)の「後楽園界隈」にあって、どうもおれはこの本で読んだ記憶がないのだが、でも、おれの印象に残っていた坪内祐三は、こういうことを書いていた。

「しかし、そんな若者だけ(「だけ」に、傍点)ではないだろうと私は思った。/昔のように……」、こういう見方ができる、これは坪内祐三のばあい「センス」といっていいだろう。これが、おれの坪内祐三の印象だった。

ほかには、坪内祐三については何もなく、「ま、東京のお坊ちゃんだね」というぐらいの感想を持ったことはあると思うが、良くも悪くもなく、どうでもよく、本は一冊も持ってないし、雑誌などの連載をときどきと図書館で新刊をパラパラ、読むていどだった。

うろ覚えのことだったけど、見つかってよかった。

こういう「センス」が、近年いろいろなところで不足していると思うし、ますます必要だと思うだけに、坪内祐三の死が、いまさらながら残念なのだ。

|

« MRI検査の結果。癌細胞が冷凍状態になった。 | トップページ | 癌治療7回目。半年ぶりに酒を飲む。 »