« よい年を迎えましょう | トップページ | 雑煮 »

2004/01/02

今年の抱負?

新年おめでとうございます。ま、今年もよろしくお願い致します。

女…では、さっそく、昨年末に書いた「抱負」のセンではじめますか。

男…いやいや、まだ抱負があるんだなあ。

女…まだ始まったばかりだから、今年の抱負ということでもおかしくはありませんね。

男…抱負とはちがうのだけど、昨年末行った先で、突然アヒルが気になってね。

女…なんですか、アヒルって。

男…いや、おれがガキのころはアヒルを飼っていた家がけっこうあって、卵にしても、ニワトリの卵のほかにアヒルの卵も店で売っていたんだよ。で、そのアヒルのほうを、たぶん食べていたと思うのだけど、いつごろからどうやって食べるようになったか、気になったものでね。

女…ずいぶん突然の気になり方で。

男…それが、塩山のスーパーで馬肉を見ていて、突然アヒルを思い出したわけで。

女…塩山のスーパーの馬肉からアヒルですか。

男…東京から中央線で笹子トンネルをぬけると山梨県、ま、特急の停車駅でいうと大月、塩山、山梨、甲府というぐあいだね。で、その山梨に入った大月あたりから、スーパーの肉売り場で馬肉が目立つようになるのだなあ。今回は、塩山の街の肉屋でも煮込み用の馬肉を売っているところを見つけたよ。

女…東京と山梨は近いけど、ずいぶん食文化が違います。

男…そうそう、よくある話はカツ丼だけど。それだけじゃなくて、ずいぶん違う。でも違いがあるのは当然で、違いだけ一個づつとりあげて、ホラ違う違うぞ、こんなに違うぞと言ってみても、しょうがないんだなあ。違いと共通性というか関連性というか、両方から見ないと、食文化としては意味はないんだなあ。その馬肉の例だと、ほかの豚肉や鶏肉や牛肉との関係は、どうなのかということだね。あと、むかしのことになるとカモやイノシシやシカも関係するかな。

女…で、アヒルですか。

男…ま、そういうこと。じゃあね。

| |

« よい年を迎えましょう | トップページ | 雑煮 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の抱負?:

« よい年を迎えましょう | トップページ | 雑煮 »