« もう一度。 | トップページ | タイトルが勝負。か。 »

2008/11/19

ちょろいメディア、ちょろい東京。

表参道と渋谷の新しいハンバーガー店に連日行列が!
東京ウォーカー11月19日(水) 11時44分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081119-00000002-tkwalk-ent

取材日は50人以上が行列!
11/1、表参道と渋谷に突如出現したハンバーガーショップ「QUARTER POUNDER(クォーターパウンダー)」に連日行列ができている。「ダブル クォーターパウンダー withチーズ(600円)」「クォーターパウンダー withチーズ(500円)」という2種類のみのメニューや、一見何屋か分からないスタイリッシュな外観に、街行く人は興味深々だ。

佐世保バーガーやタワーバーガーなど、ここ最近のバーガーブームの中、一夜にして行列を作った「クォーターパウンダー」って誰の仕掛けなんだろう、と調べてみたら、なんと運営はあのマクドナルドだという。わざわざマックが別名でオープンした狙いは? 広報に直撃した。

「『クォーターパウンダー』は、マクドナルド発の商品PR企画の一環なんです。赤と黒のスタイリッシュなインテリアや、突然出現した意外性を大切にしています。メニューが2種類なのは、自信のあらわれだと思ってください。シンプルに勝負しています(笑)」(広報担当)

たしかにその名のとおり、1/4パウンド(約113グラム)というボリュームで胃袋は大満足だし、味も申し分ない。今後もマック同様、全国に多数出店していく予定なのでしょうか?

「実は、『クォーターパウンダー』は期間限定のショップなんです。11月末で閉店することがもう決まっています。お客様には、お祭気分で楽しんでもらう。街に、話題が溢れる。それができればマクドナルドとしては成功ですね」(同広報)

たしかに“限定”と言われると余計食べたくなるのが人の常。話題性はマックの狙い通りで、期間限定ハンバーガーは、しっかりと若者のココロをキャッチしている。「クォーターパウンダー」を食べられるチャンスもあと1週間ちょっと。まだ食べてない人は、大変だけど並んでみては? 

……という記事があった。「興味深々」なんていう、字のまちがいはヨシとして、いかにもできレースのような、わざとらしい書き方。メディアとマクドナルドのなあなあぶりが、とても参考になる。

おれは11月5日、ここで食べなかったが、店を見ている。コジャレな原宿には縁がないおれだって、この店がマクドナルドの仕掛けだということは知っていた。店は、行列どころか、なかもそんなに混雑していなかった。この記事は、きょうの日付だ、広報が動いたのだろうと推測できる。

ま、これぐらいは、「表現の演出」のうちなのだろう。目くじらをたてることはない。メディアも東京も「ちょろい」というだけだ。記事には、【WalkerPlus/安藤真梨】の記名がある。

みなさんも並んでみたら? イベント性の高い店舗づくりを見てみるのもよいかも。なんて、東京ウォーカーな。

その先日の原宿、なんだか原宿もトンガリがなくなり落ち着いてきたなあ、と思ったのだが、通りを行く人たちをみると、ナントナクわが同胞、埼玉県人のニオイがするのだった。渋谷も原宿も、埼玉県渋谷であり埼玉県原宿、なのかも知れない。

| |

« もう一度。 | トップページ | タイトルが勝負。か。 »

コメント

東京ウォーカースタイルで、やってみたら?
なんてね。

投稿: エンテツ | 2008/11/19 15:02

…みては?
でしめる。まさに、ですね、この記事…

投稿: おけい | 2008/11/19 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう一度。 | トップページ | タイトルが勝負。か。 »