« 東大宮、「ちゃぶだい」「コタツ」、野暮連の笑いと泥酔。 | トップページ | 『東京人』今宵はこの店で、原稿を見る。 »

2010/02/16

文章のこと。琴線や繊細や感傷。

「琴線にふれる」だの「繊細」だのといわれる文章は、とかく「上品」だの「名文」あるいは「文学的」と賞賛されるようだが、単に感傷的な文章にすぎないことが多いようだ。テレビのスポーツ番組やドラマに涙を求めるように、文章に感傷を求める読者が少なくないということか。

と、ツイッター風に書いてみた。

←左サイドバーの「リンク」の欄が、ニフティのメンテナンスというドジで消えてしまっていたが復活したようだ。

| |

« 東大宮、「ちゃぶだい」「コタツ」、野暮連の笑いと泥酔。 | トップページ | 『東京人』今宵はこの店で、原稿を見る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章のこと。琴線や繊細や感傷。:

« 東大宮、「ちゃぶだい」「コタツ」、野暮連の笑いと泥酔。 | トップページ | 『東京人』今宵はこの店で、原稿を見る。 »