« 京阪神の味覚の本質に迫る、『ミーツ・リージョナル』別冊「京阪神の洋食」に、大いにコーフン。 | トップページ | 横浜橋商店街取材のち新宿で「世紀の呑み会」泥酔帰宅。 »

2010/02/22

きょうから中野の「やどカフェ」が、フランスパンサンドイッチの提供を開始。

←左サイドバーのリンクにある「旅人文化なんでも版」なるブログだが、「えへへの関係」とあるように、おれがチョイと関係している。っていうか、「旅人文化振興会」なる、あえて野暮な名前の構想を生んだのはおれなのだが、近頃おれは何にもしてない。しかし、その現場には「ゲストハウスやどや」やら「やどカフェ」の女将をやっている、愛人6号まりりんがいて、雨漏りの修理から「やどカフェ」の改装など大工仕事までこなしている。

そして、今回、ついに、「むぎわらぼうしのフランスパンサンドイッチ」の提供を始めた。いやあ、ほんと、まりりんさんはよくやるなあ。試食会が先日あったのだが、おれは前夜、東大宮で野暮連のやつらと飲みすぎて、当日は仕事が片づかず行けなかったのだ。これじゃ、こっちが愛人失格にされそうだ。

「旅人文化なんでも版」には、今日の日付で、こう書き出している。「旅人文化振興会の事務所は東京インフォメーションセンターやどカフェの中にあるのですが、今までのやどカフェは閉ざされた会員制のような感じだったのを、今回はかなり(といっても全てセルフビルドでお金はあまりかけてないのですが)力を入れて改装をし、一般の人も入れるような空間になりつつあります。」

これまでは、昨年末のトマト鍋パーティーのように、イベントを中心に旅人文化的つながりが広がってきた。この飲食サービスの本格営業で、旅人文化的空間はますます充実していくことだろう。期待したいし、おれはここのところサボっているが、いろいろなプランを考えてはいるのである。どうか、みなさん、よろしくね。

20100219_1644721「メインはテイクアウトのフランス風サンドイッチです。10年前にパリで出会った友人が、毎日パンを焼いて、ハムも手作りをして、ランチに出します。」とのこと。まりりんさんが、世界放浪の最中に出会った友人が手づくりしてくれるなんて、いかにも旅人文化振興だねえ。場所や営業時間など、詳しいことは、こちら→クリック地獄

「旅人文化」については、そのブログの右サイドバーの下の方にリンクがありますから、ごらんください。いろいろおもしろくやりたいものです。

| |

« 京阪神の味覚の本質に迫る、『ミーツ・リージョナル』別冊「京阪神の洋食」に、大いにコーフン。 | トップページ | 横浜橋商店街取材のち新宿で「世紀の呑み会」泥酔帰宅。 »

コメント

もちろん、看板娘の顔を見に、食べに行きますとも。

投稿: エンテツ | 2010/02/25 15:24

エンテツ様

サンドイッチ屋さん、無事にオープンできました。まだ、いろいろ修正しながら、毎日ひとつひとつ積み重ねている感じですが、なかなか、良い感じになってまいりました。現在はいつものオカミや大工の顔ではなく、カフェの看板娘になっております。どうぞまた、食べにいらしてくださいませ!

投稿: まりりん | 2010/02/25 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きょうから中野の「やどカフェ」が、フランスパンサンドイッチの提供を開始。:

« 京阪神の味覚の本質に迫る、『ミーツ・リージョナル』別冊「京阪神の洋食」に、大いにコーフン。 | トップページ | 横浜橋商店街取材のち新宿で「世紀の呑み会」泥酔帰宅。 »