« なにもかも、騒ぎのネタになって消費されるだけだから、スタンダードに還って「みんなの大衆めし」。 | トップページ | 思い切り食べ、思い切り飲む。生きる力としての欲望を我慢しない。 »

2010/06/17

死ぬひと、死なないひと。

飲んだくれてなくても、ボーキャクは人につきものだ。ボーキャクだよ~。そんなことは、忘れたよ~。

「約束」が強調されるのは、世間はボーキャクで成り立っているからなのだ。ボーキャクは、自然。

せめて、飲んだくれてボーキャクしないうちに書いておこう。今月の6月26日は、小諸の揚羽屋のオヤジの祥月命日。亡くなったのは、2005年のことだった。…クリック地獄

そして、日にちを聞くのを忘れてしまったが、王子のさくら新道のバーリーベのマスターは、去年の6月に亡くなった。

2009/11/21「北区・王子で泥酔、さくら新道「リーベ」でマスターの死を知る。」…クリック地獄

どちらも、おれと一歳とちがわない。どちらも、いい酒飲みだった。

えーと。もっと、ずっと若い「たつ!」さんが急逝したのは、5月30日で、おれがその知らせを受けたのは、6月2日のことだった。このブログに書いている。2006/06/02「たつ!さんこと、坂本達哉さんが急逝」…クリック地獄

そこにリンクがある、ブルースを愛した「たつ!」さんのブログは、いまでも、そのままだ。
http://downhome.blog19.fc2.com/

1967年東京・阿佐谷生れ
ただいま修業中のブルース・ギタリスト、ボーカリスト
シカゴ・ブルースと大衆酒場を愛する

サイドバーには、おれが企画や執筆に関わった『東京定食屋ブック』や、おれの『汁かけめし快食學』の画像が載ったまま。[2006/05/2703:15] の絶筆。中野のライブハウスで会ったのが、最初で最後になった。

おれのこのブログは、有料ワクでフリーではないから、広告が入らないけど、おれが死んで、そのうちニフティにカネが払い込まれなくなれば消え、このように残ることはないのだろうな。よかったね。

そりゃそうと、まだ死なないで生き残っているあんたら、どうするの。
あっ、おれもか。

よーし、来週から、ワーオ、だ。
あっ、まだ、今週末が残っていた。ワーオな、今週末。
午前0時直前の、ヨツパライ深夜便でした。
しかし、なんだか、きょうは、コマゴマ忙しかった。

| |

« なにもかも、騒ぎのネタになって消費されるだけだから、スタンダードに還って「みんなの大衆めし」。 | トップページ | 思い切り食べ、思い切り飲む。生きる力としての欲望を我慢しない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬひと、死なないひと。:

« なにもかも、騒ぎのネタになって消費されるだけだから、スタンダードに還って「みんなの大衆めし」。 | トップページ | 思い切り食べ、思い切り飲む。生きる力としての欲望を我慢しない。 »