« しまっていこう。 | トップページ | 紀伊國屋書店さいたま新都心店でフェアがスタート。 »

2010/06/20

よく飲んだ土曜日。ロコロジ直営大衆バール。

きのうのこと。さびしがり名人中原さんから声がかかり、午後2時から、逗子の中原さん宅で飲むことになった。ここ東大宮からは、湘南新宿ライナー逗子行きに乗れば、乗換えなしの一本で行ける。でも、所要時間は1時間40分。ってことで、12時8分の電車に乗った。

忙しいから簡単に書こう。ようするに中原さんが次々に繰り出す料理を食べ飲んだのだ。中原さんが仲人をしたご夫妻と、近所の友人男子2名。ビールのあと、めずらしく赤ワイン、そういう料理だったのですね、そしてまいどのキンミヤ炭酸割り。泥酔のなか、たちまち6時すぎ。

神田神保町の路地と人、7時からのトークライブ「色気と食気」に予約をしておいたのでそちらへ。だけど着いたら8時で、話は終わりのほうをチョイと聞いただけになってしまった。でも言水さんたちとオシャベリしながら、ビールとカップ酒を飲み、さらに酔いを深める。

何時に路地と人を出て、何時に東大宮に着いたか、まったく記憶がない。とにかく、よってってちゃぶだいによってしまった。まずいクセがついてしまった。もう飲んでもしかたないのに、しかもわざわざ駅の向こう側で飲む。これじゃあ、ちゃぶだいのタイショーをよろこばせるだけだ。なんとかやめなくてはならないが、酔ってしまうとわからないからなあ。とにかく、泥酔記憶喪失帰宅。

朝、頭痛く、のどがかわいてしかたないので、冷蔵庫を見ると、記憶のない買い物のあとがあり、発泡酒なんぞも買っているのに、カンジンの、ウーロン茶のような冷たい飲み物がない。まだ飲むつもりだったのか。

くらくらする頭で、ウーロン茶を買って来て、午前中にやらなくてはならない仕事を片付ける。

ぼんやりした頭で、中原さんのところで、佐野さんたちが立ち飲み屋を始めたと聞いたことを思い出す。佐野さんたちから話しを聞いたのは、いつだったか。どうなったのかなと思っていたが、スタートしたらしい。

自らの広告会社を解散し、脱消費社会の可能性を模索していた佐野さんと、常盤さんはサントリーをやめての創業。藤沢という自分たちが生まれ育った場所の力を生かすビジネスをめざし、株式会社ロコロジを設立。そして、「やすくてウマイ、ロコロジ直営大衆バール」を開業した。大いに楽しみ。こちらの公式サイトをごらんください。http://www.locologi.jp/

中原さん作詞で、鈴木常吉さん曲うたの「さびしい時には」は、ジョーダンでなく、10月ごろにCDが発売になる予定だそうだ。これも、大いに楽しみ。たくさんCDが売れたら、年末の忘年会は中原さんが招待してくれる、という話は、なかったかな。

| |

« しまっていこう。 | トップページ | 紀伊國屋書店さいたま新都心店でフェアがスタート。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よく飲んだ土曜日。ロコロジ直営大衆バール。:

« しまっていこう。 | トップページ | 紀伊國屋書店さいたま新都心店でフェアがスタート。 »