« 可能性がうごめく『Meets』から目が離せない。 | トップページ | 台湾にもある大衆食堂パラダイス。光瀬憲子『台湾一周!安旨食堂の旅』は快著だ! »

2014/07/04

「真摯」だの「愚直」だのは、もう値打ちがなくなった、やめなくてはならない。

おれは田中角栄から中曽根政権ぐらいまでは、時の政権党の選挙キャンペーンの仕事の関係で、三役クラスや閣僚クラスぐらいまでは、接触もあり割と視野に入る位置にいたが、閣議決定で憲法解釈を変えて9条を棚上げし、「海外出兵」と他国との「交戦」を可能にする道を開こうというような、姑息な手段の話は、聞いたことはなかった。

いまになって思えば、その意味では、自民党の大勢は「憲法改正」を党是として、じつに「真摯」かつ「愚直」に民主主義と立憲政治に従って活動していたといえる。もちろん、憲法を徹底させることはサボり、憲法を「思想的」に骨抜きすることはしてきたが。

今回の閣議決定による憲法解釈の変更は、憲法とその法律にしたがって、真摯に愚直に生きるなんてのは、じつにバカバカしいことだということを、あきれるほど見事に示してくれた。歴代首相の真摯さと愚直さが、なんと「無能」に見えることよ。

憲法はもちろん道理も道義もへったくれもない、姑息な手段でもなんでも自分の手中にある大小の権力を駆使してやりたいようにやって、口舌を駆使して切り抜け開き直るがいいのだ、ということを鮮明に教えてくれた。

自民党議員の「野次騒動」をみても、大勢においては、もう真摯だの愚直だのは「役立たず」になってしまったのだ。

影響力の大きい一部マスコミも、この流れを引っ張ったり後押ししたりしていた。

「集団的自衛権」以前の問題であり、「真摯」かつ「愚直」に法を守る精神は、打ち捨てられた。もともと、近代精神の希薄だった日本ではあるが、これからは、このことをよく噛みしめて、生きていこう。

ますます「戦国時代」だなあ。

| |

« 可能性がうごめく『Meets』から目が離せない。 | トップページ | 台湾にもある大衆食堂パラダイス。光瀬憲子『台湾一周!安旨食堂の旅』は快著だ! »