2021/11/06

癌診療、その後。

6月16日に癌診療16回目を投稿し、6月30日に新しい薬を処方してもらいに病院へ行ったことを書いて、その後の7月20日の17回目も8月17日18回目の通院診察についても書いてなかった。

2021/08/23
リハビリ。
https://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2021/08/post-129ff9.html
に書いたような事情で、ブログをほったらかしていたからだ。

さらにその後、9月14日に19回目の診療あり、10月12日に20回目の診療があり、大きな予想していなかった変化があった。

病院が変わったのだ。

この間、というか4月頃から、腫瘍マーカーは改善されることなく少しずつ増え続け、それでも低く抑えられていたのだが、7月頃から高いレベルで急増するようになった。発熱や痛みといった症状も日常的になった。

もうこれまでの療法ではダメだ、あとは化学療法(抗癌剤治療)と放射線治療しか残されていない。

ってことで、10月12日の診療のときに主治医が、放射線療法となると埼玉県のがんセンターのほうが設備も整っている、紹介状を書くからそちらを受診してみてはどうかと言い出した。

それで変わることになった。

翌日13日、紹介状をもらいに行き、すぐがんセンターを予約したら、早くて11月2日だった。大病院は、これだからねえ。

ってことでがんセンターの診察を受け、来週10日にはMRIと骨シンチの検査をやり、15日の診察でどういう療法にするか決まる。

紹介状と一緒にこれまでの治療経過を書いたものとCT、MRIの画像を持って行ったのだが、それを見た限りでは抗癌剤治療のほうがいいかも知れないとがんセンターの医師はいった。

同じ画像を見ても、前の主治医と今度の主治医になる医師とは、かなり見立てが違うところがあり、腫瘍マーカーに対する考え方のレベルでの違いもあり、なかなか面白かった。

「セカンドオピニオン」とかいうものには、まったく興味がなかったが、「客観的」あるいは「科学的」といわれる数値や画像について、これだけ判断の違いがあるとなると、なかなか面白い。とはいえ、結末は同じで、末期癌が奇跡的に治ったりなんてことは、よほどのことがない限りないのだが。

とにかく、病院が変わるので、服用の薬の空白期間ができる。現在は、日々の発熱と痛みに解熱鎮痛剤だけで対処している状態だ。15日まで。

色気のない話だったので、例の弁当の写真を載せておきますね。10月のものです。4枚一組なのは食べる人=撮る人の出勤が週4日だから。

Img_20211011_185729

| |

2021/10/20

弁当をつくる。

Dsc_0895020101

7月4日から週に4日(金・土・日・月)、弁当をつくっている。

3月末で定年退職した妻が、週4日ていどの出勤でパートの口を求めていたが、同じ会社の別の支店から声がかかり7月1日から任用になった。前の支店では弁当がくえる休憩室があったが、こんどの支店ではどうかわからない、一度出勤して休憩室をたしかめてから、弁当を持っていくことにした。こんどは時間給だから、前のように昼休みぐらいは外へ出たいなんていってられない。

つくり始めの頃は、おれは朝食前の空腹時(ということは朝食の1時間以上前)にのまなくてはならない薬があり、5時半頃から4キロ40~50分歩いたのち、6時半頃に薬をのんで弁当をつくっていた。

いつごろからだったか、微熱と痛みが断続的に続いたのち、右ケツの痛みが激しくなり歩くのがシンドクなり、8月の下旬には15分も続けて歩くと息が上がって歩けなくなるような状態になった。なので、早朝の歩きはできなくなり、朝は弁当だけをつくるようになった。

弁当づくりは日課になっていて、これがなければ日課といえるのは薬をのむことだけになってしまう。薬をのむことが日課だとしても、これだけでは「生活」というより「療養生活」「闘病生活」であり、「生活」とはいいがたい。ま、たしかに、「療養生活」「闘病生活」を送っているのではあるのだけど。弁当づくり、食事のしたくをして食べることは、「生活」の軸なのだ。

てなリクツはともかく、弁当づくりは、けっこう面白い。料理は面白いが、食卓の食事のための料理にはない面白さがある。制限や条件などが多い。

最近は、弁当づくりにかけられる時間は15~20分が身体的限界で、それをこえるとシンドクて、たまにこえるのだけど、そういうときはできあがるとドッと疲れ、「はぁ、やったぁ~」とすぐ横になって一休みする。そういう時間や身体の制限も、面白さに関係する。

リハビリのつもりで書いているから、これぐらいでオシマイにしよう。

写真は妻が撮ったもの。

Dsc_08940101

 

 

 

| |

2021/10/07

スマホで試し書き。

前回「リハビリ」の投稿は8月23日だった。

リハビリは一歩も進まず挫折している。リハビリと書くことを甘くみていた。というか、その仕組み、あるいは構造などについて、まったく考えたことはなかったし理解してなかった。

書くには、集中力と持続力それに思考力が必要で、個人差はあるだろうが、その最低レベルがなくては、リハビリも難しい。

もとは病気が原因だが、厳しい薬の副作用による「倦怠感」が問題なのであった。これが、集中力や持続力や思考力を奪う。

もしかすると何か原因があって集中力や持続力や思考力が失われた状態を「倦怠感」というのかもしれないが。これが、なかなか自分でもわかりにくいし、理解が難しい。

少しまえ、主治医に「倦怠感って、どんな具合になるんですか」ときいた。するとデスクの端を指し「そこまで歩くのも大変になりますよ」。そんなことがあるのかと思ったが、あるのだ。

普通はなれてしまっているが、思ったとうりに足や指を動かすには、様々な作用があり、なかでも内分泌物による作用はわかりにくい。

おれの身体に施されている治療は内分泌療法ってもので、ただでさえたいがいの病気は倦怠感をもたらすのに、この治療薬の副作用で倦怠感が勢いづいている。

ツイッターの140字書いただけでも、ドッと疲れる。

いま、もうこのテキストもやめにしたい。

それはそうと、この投稿は、スマホを使っている。初スマホ投稿だ。

椅子に腰かけパソコンに向かうのはシンドイが、寝転がってスマホで文書作成は、いくらか楽のようだ。

でも、不馴れもあってだろう、疲れる。もうだめ。

| |

2021/08/23

リハビリ。

ひさしぶりです。

7月から一度も書いてなかった。7月20日には17回目の、8月17日には18回目の診療があったのに、それすらも書いてない。

7月から飲み始めた新しい薬は、副作用がけっこうキツイ。それに、右のケツの骨のあたりが痛むようになって、直接的には、これが原因で、長い時間腰かけていられないのだ。立ち仕事や歩いているときは、痛みは感じない。

パソコンにむかうのは、ツイッターの140文字ぐらいなら問題ないが、せいぜい30分ぐらいが限界。長くなると、痛みは右のケツの骨から足の膝下までにおよび、夜はよく眠れないほど痛んだ。

薬の副作用、病気の進行、それに夏バテが加わっていたかもしれない。

7月からこちら、3,4日続く熱が(37度前後ぐらいまでが)3回あって、そのたびに痛みは厳しく寝不足気味になった。

とにかく、身体がすっかり弱った。

8月17日は美術同人誌『四月と十月』に連載の「理解フノー」の原稿締め切りだった。

1000字ちょっとの量だが、11日から14日まで熱と痛みが続いていたので、今回は書けないかもしれないなあと思っていたら、15日に熱はひき痛みも軽くなったので、一気に書いた。

痛みは軽くなったりきつくなったりしているのだが、これは、この病気につきもので、これからますます付き合わなくてはならないものだろう。

だからといって、このまま書かないで終わるのも、それもいいかもしれないが、チョイとつまらない。

リハビリがてら、少しづつ書いてみようと思った。

ってことで、今日は、ここまで書いてみた。

| |

2021/06/30

新しい薬、新しい生活?

先週は、すでに書いたように、火曜日(22日)が通院日で、その結果、また金曜日(25日)に病院へ行くことになった。今月は3回目だ。

10時頃、自動再来受付機を通過。火曜日以外に主治医に会うのは初めて。いつもと違う診療室の前で待って、10分ぐらいで呼び出される。

最近の病状を確認し、といっても先日MRIの結果をみているし、ほとんど薬の副作用らしいものだが、新しい薬を処方してもらう。

とにかく、骨転移を抑制するためにということで、これまで毎夕食後飲んでいた1種4錠の薬は役立たずになったと、お役御免。ツライ。

変わって、空腹時に1種4錠服用し(これが骨転移対処)、その副作用を抑制するために食後にのむ薬1錠と、そのまた副作用を抑制するために食後にのむ薬1錠が起用されることになった。

まるで赤字帳簿の付け替えみたいだ。

空腹時とは、食事の1時間前か2時間後ということなので、朝食前の空腹時にのむことにした。

雨が降らないかぎり、早朝歩きをしているから、歩きから帰ってすぐのみ、1時間以上過ぎてから朝飯くって副作用抑制の薬2種2錠をのむ。これだと、日中のいろいろに左右されることなく、規則正しい服用を維持しやすい。

治療が始まった当初からのんでいる患部機能維持の薬が、毎朝食後1錠ある。

薬の服用は、朝だけになった。

ってことで、この新しいリズムは、26日土曜日から始まっている。

今日で今年の前半が終わる。

3月後半ぐらいから、薬の副作用と思われる症状がデレデレ続いて、軽いけど熟睡できないことが多く、身体がドヨヨ~ン状態でけっこう辛かった。4月の注射の後は38度8分発熱があり歯がカタカタ鳴る悪寒と痙攣があったし。治療が始まってから、最も不調が続いたような気がする。

先週、薬をかえてから、新しい薬の注意書きはたくさんあってオソロシイ感じだったが、いまのところ副作用はないようだ。

| |

2021/06/24

癌診療16回目。さてMRIと腫瘍マーカーは?


一昨日22日は28日ごとの通院日だった。今回は、前回とのあいだ今月1日に全身のMRI検査をやっているので、その結果も出る。

最近数か月は8時受付が「定番」になっているが、今回も。採血採尿を済まし、結果が出て主治医に呼び出されるまで待つパターン。

10時頃の呼び出し。

MRIの結果。骨転移が2か所(両足大腿骨の付け根)だけだったが、背骨に2か所増えていた。原発巣については、あまり変化はない。

腫瘍マーカー上昇。上昇率は大きくはないが4か月続けて基準値をこえて上っているし、骨転移もすすんでいるので、とにかく、骨転移対処の飲み薬を変える必要があると主治医はいう。

おれのほうは、それはそれとして、前回、骨転移対処の腕にしてた皮下注射を別の点滴に変えたばかりだし、その点滴にしてから副作用が激しすぎるから、そちらのほうもなんとかならないですかね~。

だいたいそんなに急いで薬をかえる必要があるのですか。マーカーが少々上がっても日常生活に影響ないし。

でも、骨の転移がね~。

あーだこーだの結果、とりあえず、点滴はやめてもとの注射にして、毎日就寝前に飲んでいた飲み薬をかえてみることに。

この薬がまた高いし、飲み方も注意が必要。

薬局常備ではないので、また今週の金曜日に行って処方箋をもらうことになった。明日だね。

今月は3回の通院だ。

主治医は骨転移を抑え込むのに注力しているし、おれは「病」より薬の副作用をどうやりすごすかという感じ。

中央処置室で、腹と腕に注射。薬局では、最初から一貫している朝1錠の薬と、しばらくやすんでいた注射の副作用を抑制する薬を1日1回3日分だけ。この3日分の薬を飲んでいるあいだは禁酒。

それにしても、MRI画像で見る、おれの全身の骨姿を横から撮ったやつは、とても美しい。

| |

2021/06/01

MRI検査3回目。やっぱりきつかった。

一週間前の診療で、やることになったMRI検査、予約は2時半だった。指示されたとおり30分前に受付をすます。

2時15分ごろ呼び出され、検査室。

昨年9月と同じ全身検査。着替えをし、硬い台の上に寝かされ、頭と首のまわりにかいものをされ野球のキャッチャーのマスクのようなものでガチッと固定され、首から腰ぐらいまでも両手を脇につけたままガチッと固定され、身動きできないロボット状態で1時間。

やっぱりきつかった。疲れるね。

前回は、腫瘍マーカーの数値が下がるなかでの検査だったが、今回は上昇中なので、はて、結果はどうでるか。治療方針は、どうなるか。3週間後の、オタノシミ。

| |

2021/05/26

癌診療15回目。腫瘍マーカー上昇中。

昨日は28日ごとの通院日だった。

8時に自動再来受付をすまし、病理検査室。混んで「密」だったため、増設の採血場にまわされ、8時40分に採血採尿おわる。

診療予約は9時半だったが、10時頃の呼び出し。

血液検査の結果は、腫瘍マーカーがさらに上昇。今年になってから、基準値ごえのまま上昇している。薬をかえたほうがよいと主治医はいう。

「もうあとがありませんかね」と聞くと、「そんなことはないですよ、一人一人からだがちがいますからね、薬があってないというだけです。どの薬があうかわはやってみないとわからないし、薬はまだあります」

現在は、癌の抑制に、腹部の皮下注射(これは原発巣対処)、腕の皮下注射(骨転移対処)、就寝前に飲む薬1種4錠(原発巣対処)だ。これのどれが効果があって、どれが効果がないかは、特定しにくいし、組み合わせによっても違う結果になる。

ただ腹部の皮下注射は続けたほうがよいとのことで、腕の皮下注射(骨転移対処)か飲み薬、どちらを変えるか。悩ましい。

前回、発熱したのは、どちらかの注射のせいにちがいないし、腕の注射のほうが副作用が強いはずだから、まずそちらを変えてみましょう。

ってことで、骨転移対処を別の薬、点滴に変える。

さらに、MRIをやって、次回は治療方針を検討し直しましょう。1週間後のMRIを予約。全身だから、けっこう辛いやつだ。

また発熱があるといけないので、解熱剤も処方してもらう。

中央処置室で、30分ぐらいの点滴をしているあいだに腹部にも注射。

薬局までおわったら、12時20分頃だった。

「炎天」という感じの暑さのなかを帰る。

新型コロナワクチンの件については、主治医は、「こちらの注射に近い日は避けて」という。そりゃ当然だろう。

しかし、ワクチンの予約が、WEBも電話もつながらない。

今日は例によって腹部は腫れているし、身体がだるくて力が入らない。なんとかこれだけ書いた。

| |

2021/04/29

癌診療14回目。熱で寝込む。

去る27日は28日ごとの通院日だった。

8時再来自動受付から生理検査室受付、8時50分採血採尿完了、主治医の呼び出しを待つ。

混雑していた。10時頃呼び出し。

腫瘍マーカーは、さらにアップ。1月から新しい飲み薬を投入し、2月3月は続けて下がったが4月は3月の1.3倍で2月と同じぐらいの数値になり、今回は3月の2.3倍。

おかしいですねえ、もっと効くはずなんだけど。首をかしげる主治医。

しかも毎日酒を飲んでいるのに、肝臓の数値は基準値を下回ってからも、さらによくなっているのだ。

3、4か月ぐらいで薬を変えていたのでは、使える薬が早くなくなってしまいますねえ。

いまの薬でなるべくひっぱってもらえませんか。どうせ治らないのなら、マーカーが少々高めでも、なるべくひっぱっるってので、どうでしょう。

そうですねえ、高目で推移する例もありますし、身体の調子はよさそうだから、もう少し引っぱってみますか。

ってことで、前回通りの処方。

中央処置室で注射2本。混んでいた。さらに会計では自動支払機が2台だけのうち1台が故障で大行列。

薬局も混んでいて、終わったのが11時半。

ま、昨年4月21日に、ステージ4を告げられ、薬の注射と服用が始まってから、同じような繰り返しだった。

ところが、異変が起きた。

家に帰って、昼飯くって、午後の3時頃から、急に体調がおかしくなった。

横になって布団をかぶっても、悪寒がして歯がカチカチ鳴る。むむむ、こんなことは初めてだぞ。もしかして、あれか、あれか、新型コロナってやつ。と、いまのご時世だから、そう考えるが、思い当たることがない。

熱を測ったら、38.7度。

とりあえず、冷凍庫に凍らせてある保冷剤で、頭を冷やす。

ネットで新型コロナの初期症状を調べたが、発熱以外は、該当する症状をがない。

病院から貰った、注射の副作用に関する印刷物には、発熱のことは見当たらず。

食欲はないから、夕飯は食べず、就寝前に飲む1種4錠の薬も飲まず、凍った保冷剤を頭にあてひたすら寝る。

昨日28日の朝、熱は37.7度になっていて、だるいが朝飯を普段通り食べ薬1錠のんだ。昼飯、夕飯も普段通り食べ、就寝前の薬1種4錠と普段通り。

あとは、回復の一方。

今朝は37度。朝飯くって薬1錠のんだ。

昼には36.4度。

8時までに夕飯くって就寝前の薬1種4錠のんだ。

少し疲れている感じ。

何の熱だろうか。可能性があるのは、腹部の注射の副作用で、痛みはあまりないが、3日目でも腫れの範囲がいままでになく大きい。

| |

2021/03/31

癌診療13回目。

28日ごとの通院だから、3月2日に行った今月は一か月に二回で、昨日30日も通院日だった。

8時再来自動受付から生理検査室、8時45分採血採尿完了、主治医の呼び出しを待つ。

たいがい検査結果が出るのは1時間半後だからと思っていたら、9時半に呼び出し。そういえば空いている感じだった。

気になる腫瘍マーカーは5割アップ。基準値もオーバーしている。

なかなか下がりませんねえ。

肝臓の数値はよいから、このまま少し様子を見ましょう。

ってことで薬の副作用の話になるが、痛みやしびれや倦怠感を伝えるのは、なかなか難しい。

だいたい倦怠感って、どんな感じなんですか、鈍感なせいかよくわからないんですよ。

重くなると3メートル歩くのもやっとになるとか。

そんなことはないですね。ちょっとだるいとか、息切れとかぐらいですよ。

あれこれ。

とにかく、前回通りの注射と服用の薬を続けることに。

中央処置室で、腹部と腕に、いつもの皮下注射。

会計を済ましたら7340円で、前回より900円ほど安い。

薬局で薬。前回と同じだから1万8千円覚悟していたら、無料。

無料はうれしいけど、なぜ?

今年度の高額医療費自己負担分が上限をこえているからと。次回は新年度で通常にもどります。

計算の仕組みがよくわからないが、ラッキーという気分。そもそも製薬会社が儲けすぎなんじゃないのか。

薬局も空いていたし10時半に終わり。

今日31日は、去年、町医師の紹介状を持って、この病院へ行ってから1年だ。

その日が火曜日で担当の医師が、そのまま主治医になり28日ごとの火曜日の通院になった。

その頃は、ほとんどの人がマスクをするようになっていたし、おれも主治医もマスクをしていたから、まだ一度も「素顔」を見たことがない。

ま、それで1年間、治る見込みのない「治療」をしてきた。症状としては、軽い薬の副作用だけで、とくに問題はなく、QOLは維持されている。

複雑な気分だが、よろこぶべきなんだろうな。

2020/04/01
東京新聞「エンテツさんの大衆食堂ランチ」は休載。
https://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2020/04/post-f88b3b.html

 

| |